• 豆知識

ホワイトニングと歯石の違い

MC:FMひらかたラジオ総合病院

福原:「歯医者さんが教える歯の秘密!」

こんにちは。木曜日の昼下がり、いかがお過ごしですか?

ここからは「歯医者さんが教える歯の秘密!」でお楽しみください。

お相手は、あゆみ歯科クリニック院長 福原隆久と、住友未央です。

MC:この番組では、歯に関する様々な情報をお届けし、予防歯科で健康寿命を延ばし、すこやかな未来を目指します。当たり前のようで知らなかった歯科の世界を、楽しくお勉強しましょう。それでは最後までお付き合い、よろしくお願いいたします。

FMラジオひらかた総合病院「歯医者さんが教える歯の秘密!」この番組は、「あふれる笑顔をすべての人に」あゆみ歯科クリニックの提供でお送りします。

あゆみ先生、今週もよろしくお願いします。先週少し先生に相談させていただきましたが。

福原:ミニ四駆の話ばかりしまってリスナーの皆さん申し訳ございませんでした。

MC:とんでもございません。

ミニ四駆で、ゴールデンウィークは子供たちと過ごすという風に教えていただきましたが。

私はゴールデンウィーク中にエステとかいつも時間かけていると言っていたのですが、ホワイトニングのお店がもうやってないので。

定期検診が大事ってお話はありましたが、歯の歯石とり、歯のクリーニングと美容的なホワイトニングの違いが良く分からなくて。

福原:大きく分けたら、歯石とりとクーニングというのが歯についている汚れを取ることですね。

今自分の歯に茶渋とか汚れがついているやつを取るのが、クリーニングなり、歯石取りです。

ホワイトニングというのは歯の色そのものを白くすることなので、その二つのジャンルが違って、歯石取りとかクリーニングというのは各歯科医院よって呼び方が多分違うのですが、すーみんの中では歯石取りとクリーニングでどういう違いですか?

MC:一緒かなと思っていました。

福原:そうなのですよ。歯石取りというのが、例えば保険治療でも超音波とかブラシで歯茎より上の白い部分を綺麗にする、縁上歯石、歯肉縁上●●●●●歯茎より、縁より上の歯石を取ることをスケーリング、SCと書くのですが、スケーリングと言いまして、この歯茎の中にも汚れが溜まっているので、それを取るのをsrpと言って、それは普通の保険治療なのですよ。

MC:保険でできるのですか?

福原:見た目を綺麗にするためにではなくて、歯石や汚れがついていると歯周病が進みやすくなるから、歯周病治療としてやるのですけどね。

見た目をきれいにしたいからやるクリーニングとなると、自費で例えば50分で6千円とか8千円とかでやっているやつ、あれは見た目をきれいにするためにやる、結果見た目を綺麗にするぐらい歯石とかのプラーク、バイオフィルムを取ってれば、結局歯周病にもいいのですけどね。

歯周病予防のために歯石を取っても当然見た目もきれいになるから、全然全く違うということではなくて、表裏一体的なところあるのですが。

でも保険でというのは歯周病治療で歯石を取る、自費でいったら、名前は多分クリーニングって呼ぶか、それとも歯石取りって呼ぶのか、その歯科医さんごとに違うでしょうが、自費で綺麗にすることですね。

MC:歯周病予防につながるのですか。

福原:クリーニング自体はもちろんそうですね。

当然口腔内のばい菌を減らしたりとか、歯の表面に張るヌメヌメのバイオフィルムっていうのを剥がすことにつなったりするので、歯周病予防には当然繋がると思いますね。

MC:お掃除、歯石取り、クリーニングっていうのが、茶渋とか、食べ物の汚れとか、コーヒー飲んだ時とか、あと赤ワインを飲んだらとか言われるじゃないですか。

ああいう汚れを取るのが、歯石とり、歯のクリーニングと思えばいいんでしょうか?

福原:そうです。もちろん保険の歯石取りに関しては、患者様が見た目に満足するような綺麗にするためのメニューではなくて、あくまで歯周病治療なので。

ここにちょっと汚れが残っているとか言われても、それを取らないといけない訳ではないですが、結果もちろん人対人の仕事ですから、当然これ取りましょうか、綺麗にしておきますよ、と言いますけども。

クリーニングと言ったら、よく自費でやっている所は、やっぱり見た目を綺麗にするためにやっているでしょうから、鏡を見て満足するまでやるという風に。うちも両方やってはいるのですが、そういう風な違いはやっぱりありますかね

MC:ホワイトニングは審美歯科と言うのですか?

福原:●●●●●の方がお掃除系の話で、ホワイトニングは薬液を使ったりして、歯を白くすることなので、それもホームホワイトニングっていうマウスピースをつけて寝る時とか

起きている時に最近はやるやつもあるのかな。

おうちでやるものと、オフィスホワイトニングと言って、歯医者さんで光を当てたりしてやるもとあります。これが歯自体を白くするというものですね。

MC:なんか青い光を当てるやつですね。

福原:薬液を塗って、光を当てると白くなりますよというやつです。

MC:白くなるのですが、すぐ戻ります。2か月に一回ぐらいはやっています。

福原:一回結構がちっとすると、多少後戻りしますが、残ることが多い気がしますね。

薬液もいろんなメーカーがあるので、それによって変わっているのかもしれないですね。

MC:今行けないので、ホワイトニングいつもの所に。

ライトを当てるのができないので、せめて歯石とり、歯のクリーニングをしようかなと思っていたのですが。

福原:2週間前に言っていたあれは?神戸のところ。

MC:そこはですね、1ヶ月前に歯のクリーニングをしたばかりなので、まだ大丈夫ということで、もう少ししてから行こうかなと思っています。それが歯周病予防につながるとは知らなかったです

福原:どっちもどっちで繋がるのでね。いいことづくしですね。

とりあえず綺麗にしておくことはいいことづくしですよ。

ちなみにこの歯のクリーニングをやっておくと、口腔内の歯周病菌とか、たんぱく質が減るので、ウィルスの感染症対策にもなる、と最近流れておりまして。

高齢者とかでも歯を綺麗にしておいた方が肺炎とかの死者が少ないとか、そういうデータもあったりするので。今のニュース的な事じゃなくて、一般論としてですよ。

MC:よかったです。是非行ってみたいと思います、継続して。

またホワイトニングも色々なやり方があるのですね。また詳しく教えてください先生。

そろそろお別れの時間となりました。この番組の感想など皆さん是非お送りください。

そして歯に関する疑問など、どんどん先生に聞きたいことあるという方、メッセージ送ってください。お待ちしております。

宛先はmail@kiku-fm779.com、fax0728438686までお送りください。 お待ちしています。

福原:ではまた来週もこの時間にそれぞれお耳にかかりましょう。

「歯医者さんが教える歯の秘密!」お相手はあゆみ歯科クリニック院長、福原隆久と住友未央でした。

MC:それでは来週までごきげんよう。

FMひらかたラジオ総合病院「歯医者さんが教える歯の秘密!」、この番組は、「あふれる笑顔をすべての人に」あゆみ歯科クリニックの提供でお送りしました。