予防歯科

ずっと自分の歯で過ごしたい…

虫歯、歯周病は毎日歯をみがけば予防できると思われていますが、日本の80歳の方が平均的に残っている歯の本数が約7本というデータからもご自宅での歯みがきだけでは限界があるのです。それは病原菌である虫歯菌や歯周病菌がお互いに連鎖し合って膜『バイオフィルム』となるからです。このバイオフィルムは歯みがきだけでは落ちません。
定期的にプロのスタッフによって機械的に取り除くことにより、虫歯や歯周病を予防できます。プロの技術によって隅々まで痛みなく歯の表面を傷付けずに清掃します。 痛くなってから慌てて歯科にくるのではなく、痛くなる前、ひどくなる前から一緒に予防していきませんか?ぎりぎりまで我慢するのは、歯にとって本当によくないことです。
ずっと自分の歯で過ごしたい…と思うならば予防歯科は欠かすことの出来ない大切なことです。

定期的な歯のメンテナンスを

治療が一通り終了したら、定期検診(メンテナンス)をお勧めします。歯科の病気は自覚症状が出たときはかなり重症です。虫歯は初期の段階では発見しにくいものです。また、歯ぐきの病気も同様です。自分ではどうしても気づきにくいものですから、1ヶ月から3ヶ月に一度は定期検診を受けましょう!
メンテナンスは、治療によって得られた口腔内の健康な状態を持続させ、再発を防止することを目的としています。具体的には、歯周ポケット内の歯周病原菌は、処置した後3~4ヶ月で、もとの細菌叢に戻る傾向があります。
そこで、細菌の量が悪影響を起こしだす前に、プロフェッショナルがプラークコントロールを行なって、歯周病の再発を予防するために、その人に応じた、今後のメンテナンス・プログラムを決定します。

もし、リコールでのメンテナンスを定期的に行なわないと確実に歯周病は進行し、再発してしまいます。車や家が、定期的なメンテナンスによって美しく、長持ちするように、口腔内の健康についても同じことが言えます。

  • パーソナル・プラークコントロールができているか
  • 再発や別の部位に病気が起こってないか

などを定期的に診査、診断を受けることが大切です。これを行なうことによって、装着したものを長持ちさせることはもちろんのこと、歯周病の再発防止にもつながります。
わたしたち歯科医師と歯科衛生士、専門スタッフはそれぞれの役割を通して、みなさまのホームドクターでありたいと願っています。ぜひ、決められた来院日と、毎日のパーソナル・プラークコントロール(ホームケア)を守り、あなたの健康を増進して下さい。

歯のクリーニングをおすすめする理由

歯のクリーニングをおすすめする理由挿入イメージ

当院では、虫歯や歯周病を予防したい方に、歯のクリーニングをおすすめしております。
その理由は以下の通りです。

歯ブラシでは落とせない汚れがある

毎日しっかりと歯磨きしていても、虫歯になってしまう人はいます。それは歯ブラシによるブラッシングでは除去できない汚れがあるからです。具体的には、バイオフィルム、ステイン、歯石は、専門家による処置でなければ、きれいに除去できません。そこで有用なのが歯のクリーニングです。

専門家による安全な歯のお掃除

歯のクリーニングは、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とも呼ばれる処置で、口腔ケアの専門家である歯科衛生士が行います。専用の電動ブラシとペーストを用いて、1歯1歯ていねいに磨き上げます。歯を傷つけることなく、歯面の汚れを一掃することが可能です。

とくに歯石は、素人が取り除こうとすると歯にダメージが及びやすいため、専門家に任せた方が良いといえます。

歯のクリーニングをおすすめする理由挿入イメージ

歯が持つ本来の白さを取り戻せる

歯面にステインやプラークが堆積していると、歯が黄ばんで見えます。
クリーニングによってそれらを取り除くことで、歯が持つ本来の白さを取り戻すことができるのです。また、施術後は歯の表面がツルツルになり、爽快感が味わえるだけでなく、汚れの再付着も防止できます。

治療内容

ブラッシング指導

口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士が、患者さまお一人おひとりに最適といえるブラッシング法をご提案します。
効率良く汚れを落とす方法や歯磨きの頻度、タイミング、患者さまに合った歯ブラシの選び方なども併せて指導いたします。
どんなに歯磨きが上手な方でも、自己流では磨き残しが生じるため、専門家によるトレーニングは極めて重要な意味を持ちます。

フッ素塗布

高濃度のフッ素が配合されたジェルを歯の表面に塗布します。歯の再石灰化が促され、虫歯菌に負けない強い歯を作ることができます。
施術に痛みや不快感を伴うことはありませんので、小さなお子さまでも安心して受けることができます。

歯石除去

歯の表面及び歯周ポケット内に形成された歯石を取り除く処置です。歯冠部の歯石を除去する処置をスケーリング、歯根面への処置をルートプレーニングといいます。
スケーラーと呼ばれる器具を用いて、歯石を削り取っていきます。ルートプレーニングにおいては痛みや出血が想定されるため、事前に局所麻酔を施します。

PMTC

いわゆる“歯のクリーニング”です。電動のブラシと研磨剤を用いて、歯を1本1本磨いていきます。歯ブラシによるブラッシングでは取り除けない汚れまで一掃することが可能です。

ステイン除去

歯の黄ばみの原因であるステインを取り除く処置です。歯を削らず、安全に汚れを除去できます。
ホワイトニングで用いられる強い薬剤も使用しないため、誰でも気軽に受けられます。歯が持つ本来の白さを取り戻したい方にはおすすめの処置です。

予防歯科の流れ

予防歯科は、以下の流れで進行します。

  • STEP1
  • 受付・問診票の記入
  • STEP2
  • 口腔内診査・歯周組織検査
  • STEP3
  • 応急処置(必要に応じて)
  • STEP4
  • ブラッシング指導
  • STEP5
  • 歯のクリーニング
  • STEP6
  • 予防処置(フッ素塗布等)

歯のクリーニングをおすすめする理由挿入イメージ

これはあくまで一例であり、患者さまのお口の状態によって、診療の流れや施術内容も変わってきます。
当院では、患者さまそれぞれに最善といえる予防プログラムをご提案しております。予防歯科に関心のある方はお気軽に、当院までご連絡ください。
3~6ヶ月に1回くらいの頻度で受診することで、虫歯・歯周病の予防、早期発見・早期治療が容易となります。