• 豆知識

虫歯のレベル

MC:FMひらかたラジオ総合病院

福原:「歯医者さんが教える歯の秘密!」

こんにちは。木曜日の昼下がり、いかがお過ごしですか?

ここからは「歯医者さんが教える歯の秘密!」でお楽しみください。

お相手は、あゆみ歯科クリニック院長 福原隆久と、住友未央です。

MC:この番組では、歯に関する様々な情報をお届けし、予防歯科で健康寿命を延ばし、すこやかな未来を目指します。当たり前のようで知らなかった歯科の世界を、楽しくお勉強しましょう。それでは最後までお付き合い、よろしくお願いいたします。

FMラジオひらかた総合病院「歯医者さんが教える歯の秘密!」この番組は、「あふれる笑顔をすべての人に」あゆみ歯科クリニックの提供でお送りします。

あゆみ先生、今週もよろしくお願いします。

メッセージ届いております。ラジオネームいくら丼さんありがとうございます。

「あゆみ先生、すーみん、こんちーす。いつも楽しい放送をありがとうございます。歯と歯の隙間は歯ブラシだけではうまく磨けないですよね」

福原:歯と歯の隙間はそうですね。歯ブラシだけだとうまく磨けないので。

MC:「糸のやつの使い方を教えて頂きありがとうございました」。

前回の放送でお話させていただいた糸ようじとフロスのお話しをしましたよね。

どっちが磨きやすいかな、なんてお話ししましたが、私も思い出したら使うようにしているのですよ。わに型のちょっとやり方やすい方で。あまりグリグリやったら血が出てきますね。

福原:慣れるまでと言うか、最初もし自分が歯肉炎だったらね。一回綺麗になって、歯肉が整うまでは出血があるけど。

MC:多少出血があるのですよね。三日目ぐらいまでは出ました。

福原:みなさんも出血するのですけど、血が出たからやばいと思って止めるんじゃなくて、痛いレベルはやったらだめだけど、ある程度歯肉にマッサージ的な圧力がかかるぐらいだったら、やってもらったら3日から5日ぐらいすると、歯肉炎が治るので、歯肉出血しなくなり、ぶよぶよの油だった部分が、筋肉になるように歯茎が固くなります。

なので、それを続けていただければと思いますね。

MC:やり続けることが大事なのですね

いくら丼さんも「やってみます」という風にメッセージを頂いていますので、ぜひ血が出ても。

福原:グリグリいくとだめなのですけどね。

MC:続けてみるといいかもしれません。

福原:心地よいマッサージレベルでやっていっていただければなと思います。

MC:そしていくら丼さんからもう一通頂いていまして、

「歯の治療完了、すーみんおめでとうございます」と頂きました。

完了はまだしていないですね。とりあえず一回目に行ったというだけですね

福原:まだ1回行っただけなので。

MC:こういう状況ということもありまして、ちょっと神戸の方に行っているんですが。

「親知らずの二本抜歯頑張って下さい」と頂いたのですが、親知らずはちょっと虫歯を治してから、ちょっと置いておこうと思っていまして。

実はですね、小さい虫歯が三つあると言われたのですよ。

福原:これは大変。

MC:右下、右上、前歯。

福原:パッと見わからないですね。こうやって見ていても、もちろん黒くなっているとかないですし、お綺麗な方だと思いますからね。

MC:ありがとうございます。実はですね。右下は一回で治療ができたのですよ。

していただいたのですが。

福原:1回で治ったのなら、それに越したことないので良かったです。

MC:安心したのですが、実は右上が最低でも4回ぐらい通っていただかないと、と言われてしまって。そんなに焦る必要はないけれど、という言い方されたのですよ。

それで、前歯の方は小さい分からない程度なので大丈夫だけど、一応虫歯だよって言われたのですが、私からしたら、虫歯のレベルってあるのですか?

虫歯は虫歯じゃないのかなってと思うのですが、治療をある程度ほっといてもいい虫歯ってあるのでしょうか?

福原:そうですね。ほっとくと言うか経過観察っていうことなんすが、虫歯の分類が歯医者さんで1番よく言うやつであれば、英語のCがあって、このラジオ放送でも昔に同じこと言ったかもしれないですが、C01234まであるのですよ。

Cの0というのが、白濁、白く濁るとか、ちょっと茶色い色が付いたかなみたいなやつで。

次C1っていうのはエナメル●●●●といって、歯の表面がエナメル質って言うのですが、ここがちょっとだけ欠けてきたかな、ガサガサしてきたかなというのがC1なのです。

その次C2になると、象牙質色といって正面の白いエナメル質の部分を突き抜けて、黄土色っぽい象牙質というのがあるんですね。そこまでいっているのをC2と言います。

次C3になると神経まで来ましたよと、これはもう中が膿んでいますよというのはC3、フルとかペルっていうのですが、膿んでいますとか、痛いやつで、神経とるやつですね。

次C4って言ったら、もう歯茎より上が全部なくなっていたり、割れたりしているやつ。

歯茎の下までやられているやつですね。これは基本的に抜歯っているのが適用になってきたりするのですが、基本的には抜くっていうことは多いでしょうね。

だからC0とC1、初期●●●●という、初期のちょっと溶けかけ、白濁化っていうやつと、

Cの1のエナメル●●●●ってやつは、絶対削らないといけないわけじゃないというか、ちょっと置いといてフッ素ぬったりとかすると再石灰化って言って、また消えてくる可能性があると判断します。

ただ、この境目が難しくて、これで3ヶ月後に定期健診に行ったら、それがC2になっていることもあるだろうし、かと言って、じゃあ前の状態で削ったら良かったのかというと、それはもったい、治るかもしれないし、それが一生そのまま大きくならないかもしれないし、ということで置いておこうということもあるし、この辺は各歯科医師の見解が分かれるところなのかもしれないですね。

ここまでをC1とする、ここまでC2とする、もちろん基準は決まっているのですけど、その時見て、どちらに判断するかっていうところですね。

MC:じゃあ私はC0、1どっちかが右上ということなのでしょうね。前歯と右上と言われたのですけども。

福原:4回フッ素塗るのかな。またご質問してみられるといいのかなという気はします。4回の治療内容によりますよね。

MC:そうですよね。でも前歯ってやっぱり気になるじゃないですか。

福原:前歯は治すにしても、一回で治したら終わりだと思うので、削って強化プラスチック、樹脂を入れるというやつですね。

MC:皆さんもあの番組の感想や先生に歯の質問などあれば、どしどしお送りください。お待ちしております。宛先はmail@kiku-fm779.com、またはfax0728438686までお送りください。お待ちしております。

福原:ではまた来週もこの時間にお耳にかかりましょう。

「歯医者さんが教える歯の秘密!」お相手はあゆみ歯科クリニック院長、福原隆久と住友未央でした。

MC:それでは来週までごきげんよう。

FMひらかたラジオ総合病院「歯医者さんが教える歯の秘密!」、この番組は、「あふれる笑顔をすべての人に」あゆみ歯科クリニックの提供でお送りしました。