• 豆知識

歯磨きで出血

A:歯医者さんが教える歯の秘密

 

こんにちは。木曜日の昼下がり、いかがお過ごしですか。ここからは、歯医者さんが教える歯の秘密でお楽しみください。お相手はあゆみ歯科クリニック院長の福原隆久と住友未央です。

 

B:この番組では、歯に関するさまざまな情報をお届けし、予防歯科で健康寿命を延ばし、すこやかな未来をめざします。当たり前のようで、知らなかった歯科の世界を楽しくお勉強しましょう。最後までお付き合いをよろしくお願いいたします。

 

B:歯医者さんが教える歯の秘密。この番組は、あふれる笑顔をすべての人に、あゆみ歯科クリニックの提供でお送りします。

 

あゆみ先生、今週もよろしくお願いします。

その後元気ですか、先週は体調が悪そうでした。

 

A:ありがとうございます。何とか元気に復活しました。咳だけ出ますが、大丈夫です。

 

B:早速ですが、先生、メッセージが届いています。

 

A:本当にみなさんありがとうございます。うれしい限りです。

 

B:質問です。「トモゾウ」さんという方です。

 

A:「トモゾウ」さん、よろしくお願いいたします。

 

B:「あゆみ先生、スーミン、こんにちは。今、左上の奥歯を治療中なのですが、歯茎が腫れていて、血が出やすい状態です。水ですすぐときに、うがい薬を使用しても大丈夫なのでしょうか。」という質問です。

 

A:今、治療中ということで、状況が分かりませんが、治療中でよくあるのが、仮蓋や仮歯のような白いお薬を使っていると、自分の歯とは形が違うので、磨きにくくなります。

 

B:そうですね。

 

A:ちょっと触ったらしみたり痛かったりもします。どうしても磨き残しが出ます。たとえば銀歯の型取りをした後の仮蓋の状況だと、ゴムのようなものが着いたりして、汚れが溜まりやすいです。そうすると、トモゾウさんの質問にあるように、歯肉炎の症状として歯茎が腫れてしまって血が出やすくなります。ある程度よく磨くというのはいいことです。うがいするときにうがい薬を使用しても、大丈夫です。

 

B:結論は、大丈夫なんですね。使ったほうがいいというわけではないですか。

 

A:使ってもいいというぐらいです。2カ月ぐらい前に、うがい薬についてという回がありましたね。

 

B:リステリンとコンクールの違いですね。

 

A:機械的にブラッシングをして、プラークや食べかすやばい菌を取るのが一番よいのですが、同じ分数だけきちんと磨いているのであれば、水でうがいすることと、リステリンを使うことを比べるなら、使ったほうが当然殺菌作用があるので、菌は減っているだろうと考えられます。データがあるわけではないですが、メーカーさんはそのようなデータをとりながらつくっているはずなので、それはいいことだと思います。

消毒薬を使ってうがいをしているので、1回歯みがきをしなくてもよいとか、普段3分磨いている人が2分にしてしまうというのは、よくありません。今まで通り磨いたうえで、さらにうがいを追加するということは、すごくいいことだと思います。

 

B:そうなんですね。腫れてしまったときは、歯茎を歯ブラシで磨くのは、ダメですか。腫れている歯茎を磨いていいのでしょうか。

 

A:いいですよ。歯茎を磨くというよりは、歯と歯茎のあいだをやわらかいブラシで斜め45度ぐらいにフワフワと鉛筆持ちで当てて、ソロっと磨くようにしてください。出血してしまうと思いますが、出ても悪い血ではないので、ある程度そのように磨いてください。

 

B:磨いても大丈夫なんですね。

 

A:どんどん磨いてくださいね。

 

B:血が出るから怖くて、磨かないほうがいいのかなと思っていました。

 

A:それは、出てしまってもいい血なんです。ゴシゴシし過ぎると、歯肉の皮膚自体が弱っているので、傷になってしまいますが、柔らかい歯ブラシで、鉛筆持ちで磨くなら、とてもよいです。

 

B:腫れていても柔らかくあいだを磨くのであれば、大丈夫なんですね。

 

A:特に、歯周病系で、歯茎の周りに汚れがついていて、腫れている方は、それでOKです。でも、もう1種類の状況があります。たとえば、神経ではなく、歯の根っこの治療中に、根本のほうが膿んでくることがあります。それで、膿が出血のように出ることがあります。その場合は、●●●的にそこを磨いたからというわけではないですが、いずれにしても、歯はきれいにしておかないといけないので、しっかり磨いて、うがい薬を使用するというのはすごくいいことです。

 

B:では、トモゾウさんは、バッチリですね。

 

A:そうですね、トモゾウさんはバッチリですね。

仮蓋といえば、スーミンは数カ月まえから仮蓋であったような気がします。そろそろ1月16日なので、治し終わって、このあいだお餅の話もしましたが、セラミックか銀か金かを入れて、バッチリ噛んでいると思います。最近の歯の調子はどうですか。

 

B:そろそろお別れの時間となりました。またこのお話は次回ということで、先生。

 

A:すぐに、仮蓋が傷んでしまったりしますから、歯は早く治してくださいね。やけに、仮蓋で歯茎が腫れるという話に食いつきがいいなと思っていたんです。この人ずっと仮蓋なのではないかと思いましたが、やはり、仮蓋でしたか。

 

B:申し訳ございません。おっしゃる通りでございます。

 

A:汚れが溜まると、歯茎から血が出るので、早く治してください。

 

B:去年から引き続き仮蓋でございます。

 

A:あれは何月でしたっけ。

 

B:10月ぐらいですね。秋にそのような話をしていました。お恥ずかしい限りです。

 

A:ジャンジャン歯医者さんに電話してください。

 

B:リスナーのみなさん、「早く歯医者に行け」というメッセージを送ってください。

 

A:みなさん、「スーミン、早く歯医者に行って」というメッセージをお待ちしています。

その数によって、スーミンが歯医者に行くようにします。いやでも、0件だったとしても行かないといけませんよ。

 

B:そうです。0件でも行かなければいけません。

すべてのメッセージは、mail@kiku-fm779.com、または、ファックス072-843-8686までお送りください。

本格的な歯にまつわる相談や治療については、あゆみ歯科クリニックの公式サイトをご覧いただくか、こちらまでお電話ください。

松井山手クリニックは、電話番号075-981-6874で、「むしばなし」です。長尾クリニックは、電話番号072-851-6480で、「むしばぜろ」です。京田辺花住坂クリニックは、電話番号0774-34-4618で、「しろいは」となっております。みなさん、各クリニックまでお問い合わせください。

 

A:ではまた来週のこの時間にお耳にかかりましょう。歯医者さんが教える歯の秘密。お相手はあゆみ歯科クリニック院長の福原隆久と住友未央でした。それでは、来週まで、ごきげんよう。

 

歯医者さんが教える歯の秘密。この番組は、あふれる笑顔をすべての人に、あゆみ歯科クリニックの提供でお送りしました。