• 豆知識

金・銀(パラジューム)・白

A:歯医者さんが教える歯の秘密

こんにちは。木曜日の昼下がり、いかがお過ごしですか。ここからは、歯医者さんが教える歯の秘密でお楽しみください。お相手はあゆみ歯科クリニック院長の福原隆久と住友未央です。

 

B:この番組では、歯に関するさまざまな情報をお届けし、予防歯科で健康寿命を延ばし、すこやかな未来をめざします。当たり前のようで、知らなかった歯科の世界を楽しくお勉強しましょう。最後までおつきあいをよろしくお願いいたします。

歯医者さんが教える歯の秘密。この番組は、あふれる笑顔をすべての人に、あゆみ歯科クリニックの提供でお送りします。

 

あゆみ先生、今週もよろしくお願いします。

 

A:「審判のときだ」というセリフが、仮面ライダーであるんです。子どもと一緒に観ていました。

 

B:びっくりしました。仮面ライダーですか。

 

A:仮面ライダーの、「ジオウ」でなくて、その前の「ビルド」でもなく、その前のものです。病院や医者がテーマのストーリーで、そこに出てくる敵キャラの、「審判のときだ」というセリフが有名でした。

 

B:かっこいいですね。

 

A:「仮面ライダー エグゼイド」ですね。子どもと一緒に観ていまして、そんなセリフを言っているんです。なぜこんなことを言うかというと、今日は、視聴者さんにとって、審判を知らせるときなんです。さて、みなさん、先週の話を覚えているでしょうか。

 

B:なんでしょうか。

 

A:今日はスーミンが、この1週間のあいだに歯医者に電話をしたかどうかについて、審判がくだるときです。さあ、本人に直接うかがってみましょう。スーミン、この1週間で電話をしましたか。

 

B:シーン。

 

A:なかなかデンタルIQを高めようと思っていても、非常に難しいですね。

 

B:そうなんです。

 

A:そんなものですよ。

 

B:分かってくださいますか。

 

A:そうなんです。なので、わたしの医院でも、パンフレットをつくって、こういう話をいろいろとしたり、このようにラジオでしゃべったり、ホームページに書いたりするのですが、歯医者さんは敷居が高くて、行きたくないと思ってしまう代表格になっています。

 

B:行きたくないです。

 

A:患者さんにもよく、面と向かって言われます。「そうですよね」と言いながら、仕事をしている感じです。

 

B:理想は3カ月に1回定期検診です。

 

A:そうなんです。

 

B:行きたいです。

 

A:その前に歯を治してください。

 

B:まず、それですね。右下の歯が神経の危機ですからね。

 

A:このあいだ、お薬が入った状態でそのまま放っておくと、神経が炎症でやられてしまうという話をしました。いよいよ、スーミンが歯医者さんに行くと、そのお薬が大丈夫でやり直しする必要がなければ、いよいよ型を取ることになると思います。

 

B:そうですね。型を取るということになりますね。

 

A:型を取って、装着するということです。たしか、以前に左側の治療をされていたときに、白いものを着けましたか。

 

B:着けました。

 

A:そうですよね。今の日本だと、銀歯・金歯・白い歯と、3種類あります。

 

B:はい。選べました。

 

A:これにも、デンタルIQが関わっています。金歯や白い歯は、保険が効かないので、高いのです。

 

B:金色は抵抗があります。

 

A:そうですね。だいたい、金歯や白い歯は、数万円ぐらいかかります。銀歯ですと、数千円程度と安いのですが、知っておいていただきたいことがあります。銀歯というのは、最高の治療ではありません。たとえば、銀歯が何でできているかというと、日本で現存する銀歯は2種類ありますが、いわゆる銀歯というのは、金銀パラジューム合金といわれるものです。

 

B:パラジュームは、はじめて聞きました。

 

A:このパラジュームが身体によくないんです。海外のドイツとかでは、法律で禁止されている金属なのです。スウェーデンでも使えないと思います。国によって違います。

 

B:日本の銀歯には、それが混ざっているということですか。

 

A:その通りです。日本の場合は法律で認められて、治療に使われています。金銀パラジューム合金という金属の板が販売されていて、技工士さんがそれを溶かしてつくっています。でも、海外ではその金属自体が法律上で禁止されている金属になっています。

 

B:そうなんですか。

 

A:日本の法律というのは、数十年以上前、40年か50年以上前に決まっていて、そのまま改正されることなく、今に至っています。パソコンやスマホやハイブリッドカーなどの、科学が発展してきた時代に、歯医者さんの世界だけ、50年前と同じ材料を使うことになっているのです。

 

B:不思議ですね。

 

A:文明が発展していないんです。インプラントや矯正などいろいろな新しい治療は出てきています。でも、銀歯に関しては、ずっと一緒です。

 

B:なぜなんでしょうね。

 

A:わたしもおかしいと思っています。50年前はよかったけれど、今はダメだというものはたくさんありますよね。アスベストとかも法律が変わっていますよね。でも、銀歯に関しては、使っていいということになっていますが、よいものではないのです。

 

B:そんなにいいものではないんですね。

 

A:金属アレルギーの問題とか、そんなに大きいわけではなくても身体への害がありますから、よいものではないのです。そういうことをもっと発信していくことで、国が歯の修復治療というものを保険でやるとしても、銀歯の質をもうちょっと上げた方がいいのではないかと思います。

 

B:本当にそうですよね。

 

A:銀歯ではない方がよいのではないかと思います。白い歯を使った治療を保険で通せるようにする方がよいのではと、歯科医師として思います。

 

B:それを聞いたら、もう白しか選択肢がなくなりますね。

 

A:値段は少ししますが、価値はあるので、よいのではと思います。

 

B:値段にもよりますが、できれば白のほうがよいですね。

 

A:白は、スーミンも以前の治療で使っているように、セラミックなどいろいろな素材があります。

金歯は、見た目のこともあり、女性の方には人気がないのですが、金は生体親和性が高いです。18金を使って、噛み合わせもよく、身体にもよいです。アレルギーがないわけではないが、少ないのも特徴です。

白なら、完全に金属アレルギーはありませんし、歯と同じような硬さの素材もあり、非の打ちどころがあまりないです。あとは、保険制度の問題がありますが、デンタルIQの一環として、知っておいてほしいと思います。

 

B:ちょっと、銀歯に関しては、衝撃の事実でした。歯医者さんの先生はそんなこと教えてくれませんでした。

 

A:ですから、知っている人しか知らないようになっています。

 

B:デンタルIQが10ぐらい高まりました。

 

A:来週までに電話できそうですか。

 

B:がんばります。

 

A:来週も審判のときが待っていますよ。

 

B:怖いな。

さて、お別れの時間となりました。この番組の感想なども、みなさんぜひお送りください。歯に関する疑問もあれば、メッセージをお待ちしています。

すべての宛て先は、mail@kiku-fm779.com、または、ファックス072-843-8686までお送りください。お待ちしています。

 

A:ではまた来週もこの時間にお耳にかかりましょう。歯医者さんが教える歯の秘密。お相手はあゆみ歯科クリニック院長の福原隆久と住友未央でした。

 

B:それでは、来週の木曜日、お昼1時30分、再放送は翌週の月曜日夜10時からでお耳にかかりましょう。ごきげんよう。

歯医者さんが教える歯の秘密。この番組は、あふれる笑顔をすべての人に、あゆみ歯科クリニックの提供でお送りしました。