歯科の勉強の記録
トップ歯科の勉強の記録>矯正・歯並び

歯科の勉強の記録

2017年5月21日床矯正研究会 床矯正ベーシックコース

5月21日に京都府八幡市にあるあゆみ歯科クリニックの勤務医が1名、床矯正研究会主催の床矯正ベーシックコースに参加してきました。

 

歯科医師: 佐々木 善彦

セミナーの要約、どのようなセミナーであったか。

・非抜歯による治療が大前提→歯科の治療は歯並びだけでなく顔面の育成
Extすることで歯列弓減少→口腔内ボリューム減る→舌スペースなくなる→顔貌、姿勢も変化が起こる
・メカニカル(床矯正装置、その他ブラケットやワイヤー)→装置はあくまで補助的な存在
とバイオロジカル(バイオセラピー、食育、トレーニング悪習癖の改善)な治療からなる 
・予防医学とは「健康を損ねる因子を防ぎ取り除くことを目的とした医学」
よって予防歯科とは、×治療の方法や治療の説明する △早期発見、早期治療 
◎早期問題発見、早期問題提起、早期問題解決 なぜ?を考えるようなスタンスであるべき
つまり 床矯正はまさしく予防歯科!!!

②特に良かった点、記憶に残ったセリフや内容など

・なぜ歯列不正が起きたのか?
①顎の発育不足40%→骨の発育には、発育期の外力は必要。顎骨における外力は咬む力。その不足による
→顎の発達不足につながる食生活(問題提起)→食事の環境改善(問題解決)
②口腔習癖、態癖40%→歯が正しい位置に維持できなかった外力の存在
→開口、頬杖、低位舌、指しゃぶり、舌突出(問題提起)→悪癖の改善(問題解決)
③位置異常、先欠、過剰歯20%
1クラスに3,4人が対象
・治療時期の決定
①歯の萌出時期
②成長期
③子供の精神状態や社会環境、モチベーション、自我
④保護者の方の関心度

これら4つを総合して判断する
・12歳以上、中学校に入学すると、クラブや習い事等忙しくなり→中断率が上がる→重篤化→抜歯症例になる
・9歳(混合歯列後期)になる前に治療を終えると簡単
→犬歯が生える前なら前歯だけの問題で済む、第二次成長を利用できる、自我が芽生える前、abはいけるが側方歯群cdeが生え変わりだすと装置の適合が不安定になるため

・咀嚼の3相
前歯での咬断運動(スタート、前歯でかぶりつけることが大事)→犬歯小臼歯での粉砕運動→大臼歯での臼磨運動
3相がきちんと揃うことで顎にとっての発育刺激となる。よって『一口で30回は咬みましょう』は机上の空論。
・前歯でかぶりつくことが重要→切縁結節が残っていれば咬断運動不足かも
食生活改善例(硬い物というよりは口に長く残る繊維質を多くする、一口で食べれない大きさ、おにぎりにのりを巻く、コーン粒を取らない、スイカにスプーン使わないetc)
前噛みで歯槽突起を発育させる
・床矯正は複合移動
床装置による移動は傾斜移動のみ、咬合力が加わることで歯体移動となる
・舌のトレーニング(スポットポジション、ポッピング、あいうべ体操、ガムを丸める→口蓋に押し付ける→ガムを口蓋に付けたまま嚥下してガムの広がりを見る)
・平行タイプ(一般)、ファンタイプ(前歯のみを横に広げる、臼歯の咬合を変えたくない)、前方拡大タイプ、後方移動タイプ(6を後方移動、7萌出後必要あれば縮小も可能)、閉鎖型(主に保定として)、咬合斜面板・咬合挙上板
・夕方から就寝時までが最も動くゴールデンタイム、就寝時は少しながら動く、日中はあまり動かない
・cc間に2-2が並ぶスペースがありさらに2mmほど余裕が欲しい→3がcの真下ではなくズレるかも

・拡大終了後の選択肢は
①すぐに閉鎖型へ(保定) ②すぐにブラケットへ ③犬歯の萌出を待って判断
☆犬歯の萌出までの期間と犬歯の歯胚の位置で判断していく
例:犬歯萌出まで半年以上ある+犬歯の歯胚の位置が良い=すぐに保定へ
  半年ない+位置悪い=ブラケットで3を正しい位置に動かす準備を
  半年ない+位置良い=萌出後に保定orブラケットの判断を
            犬歯の歯軸を治す必要ないなら保定、歯軸に問題あるならブラケット
・犬歯が萌出するまでの期間の目安
パノラマにて永久歯胚が乳歯の根先にあれば萌出まで1年以上かかる、永久歯胚の歯冠と歯根の長さが同じになると半年で萌出  歯胚の歯冠>歯根→半年以上ある 歯胚の歯冠<歯根→半年ない
・装置卒業の条件
1、歯の周りの骨が安定すること(指で触って動かない) 床装置は6か月、ブラケットは1年最低保定必要
2、機能の安定→咬合力検査 約20kg以上 成人は30kg で全部噛んでいる 左右差が10%以内、口輪筋力検査2.5kg
3、悪習癖がなくなること
 これらを満たすと保定は終了 7番の萌出終わるまでは管理

・下顎前突、開咬、切端咬合は難症例化しやすいので注意!
・乳歯列期はほとんどが機能性反対咬合→原因:乳犬歯の早期接触、下顎を前方に出すうがい等の癖、低位舌
・前歯被蓋の改善がキーポイント 特にオーバーバイトは2mm以上 
・骨格性反対咬合で、被蓋が浅い、治療開始が10歳以上は骨格性に移行し難症例化しやすい
・開咬は難しい、ブラケット必要になるケース多い、後戻り、被蓋は安定しにくく最終的な被蓋の妥協点→絶対最初に患者さんに説明しておく 骨格性開咬は超難、触らない
・異常嚥下(舌突出)を治す訓練→少量の水を舌の上に数分キープ、飲むときに咬筋がピクッと動くか手を置いて確認
・痛み=後戻り?はめてない?外してる?
・巻いたり戻したりを繰り返す→ねじ山が緩くなり戻っちゃう可能性あり

 

 

ご来院の方々へ ~このセミナーで学んだこと、患者様に貢献できること~
こんにちは。あゆみ歯科クリニック勤務医の佐々木です。

今回、床矯正セミナーに参加させていただきました。

セミナーでは矯正装置の話し以外にも、嚥下訓練や食育についてなど多くの内容を学ばせていただきました。

当院でも多くのお子様が来院されていますので、何かしらの形で今回学べた知識を発信して、

みなさんに還元していければと思います。

3月20日MRC矯正のセミナー

3月20日にJR長尾駅すぐにあるあゆみ歯科クリニック長尾の分院長と、八幡市にある本院の院長が品川で行われました、MRC矯正のセミナーを受けられました。

矯正の分野でも、1期治療の分野で様々な装置、組み合わせ等、日々成長していることを実感しました。歯だけではなく、呼吸や姿勢に関することも教えて頂き、本当に勉強になりました。

インビザライン矯正治療セミナー 院長:福原 隆久 2015.9.6

 

矯正治療の新しい分野である、クリアライナー矯正の一つ、

「インビザライン」のセミナーに行ってきました。

 

 

s-merit2

 

 

最新の大人の矯正治療には大きく分けて3つあります。

① 以前から主流のブラケットとワイヤーで行う方法

② 歯の裏側にワイヤーを入れる「舌側矯正」

③ 透明のマウスピースを用いる「クリアライナー矯正」

です。

 

その③のクリアライナー矯正の中に、今回の「インビザライン」や「アソアライナー」など何種類かがあります。

「インビザライン」や「アソアライナー」の違い自体は、単にメーカーの違いだと思っていただければ大丈夫です。

同じTVだけど、SONYのブラビアか、パナソニックのビエラか、みないなものです。

 

あゆみ歯科では以前から診療メニューとしては「アソアライナー」を取り扱っておりましたが、

適用範囲が大きくなかったこともあり、あまり大きくは取り扱っていませんでした。

 

しかし近年「インビザライン」が歯を抜くような大きな症例でも治療していくことが可能になってきて、

とても適用範囲が広がってきたのを機に、改めて勉強し直し、取り入れていくこととしました。

 

クリアライナー矯正では、歯の表側にブラケットやワイヤーを付ける必要がないので、

口内炎になったり、ワイヤーが痛かったり、ということがありませんし、何よりも見た目がきれいです。

マウスピースを24時間中20時間以上しておかないといけない、という点はあるにしても、

これからとても有効になってくる矯正治療の分野の一つだと思います。

 

皆様もご興味あられましたら、お気軽にお声かけくださいね。

 

s-IMG_1529

 

 

 

 

舌側矯正インコグニトシステムセミナー 院長:福原隆久 2015.9.9~10

 

歯並びをきれいにする矯正治療の世界では、近年色々な種類の治療方法が進化していっています。

今回は

「歯並びはきれいにしたいけど、見えるところに器具がつくのは嫌だ」

という方の為に開発された舌側矯正のセミナーに行ってきました。

 

2015y09m17d_074545146

 

 

舌側矯正自体は以前から存在はしていたのですが、

治せる歯並びの範囲が限られていたり、治り方を自然にするのがとても困難だったり、つけることがとても痛かったり、と誰にでも使えるものではありませんでした。

 

ところが近年成長してきているこのインコグニトシステムでは、それらの 問題点を改善し、

裏側についているけれど、舌感があまり悪くなかったり、動かせる範囲が大きくなり、その速度も上がってとても使うやすいものになってきています。

 

s-IMG_1547

 

1日目はこのインコグニトシステムの概要やこの装置を用いた舌側矯正治療の治っていく経過を数多く見させていただいたり、という勉強をしました。

2日目は、舌側矯正の後半部分、大方並んでからの、隙間を埋める方法やそこで起こる問題点、それをどのようい解決したり、そもそもそうならないようにするか、といったことを学びました。

 

 この2日間を通して、自分の中でも「これはきれいになるな」としっかりと理解できた部分が非常に多く、とても為になりました。この最新式の舌側矯正をこれから皆様にご提供していける事がとても楽しみです。

 

 「歯並びは気になるけど、見えるところに2年間も器具がつくのは嫌だなあ」と考えの方がおられましたら、お気軽にご相談ください。

 

s-IMG_1563

 

 

 

 

 

矯正・歯並び年間セミナー・ベーシックコース第5回 2013.8.29 院長(歯科医師):福原隆久 総主任(歯科衛生士):三澤恵美

京都市内で行われている矯正・歯並び治療の年間セミナーの第5回目に福原、三澤が参加してきました。

 

 

院長(歯科医師) : 福原 隆久

 

今回のセミナーでは、いよいよブラケットという小さいプチプチをつけて、

歯を動かす実習が行われました。

 

復習の要素も多かったですが、基本というものはやはりとても大切で、

改めての気づきや学びになることも多かったです。

 

最近、あゆみ歯科クリニックでも、ブラケットやワイヤーを使った第2期治療、

つまり中学生以上、大人の方などの矯正治療、歯並び治療をされる方が

とても多くなってきています。

 

これからも最新の情報や器具、医療方針を取り入れながら、

八幡、京田辺、枚方などの地域の方々に貢献できるように頑張っていきたいと思います。

 

 

総主任(歯科衛生士) : 三澤 恵美

 

あなたの口元キレイですか?

 

虫歯や歯周病になりやすいな、と思われた事はございませんか?

 

先日、院長先生とジョンソン&ジョンソンでおなじみの松風さんの会社へ、

矯正セミナーに行かせていただきました。

 

あゆみ歯科では最近、子供から大人まで矯正患者様が本当に多くなってきました。

 

人によって気にされているところは様々ですが、歯並びをよくするメリットは沢山あります。

 

見た目をキレイににしたり、歯を磨きやすくしたり、

かみ合わせがよくなることにより、肩こりの改善、スポーツ能力の向上、

お口からのストレスはだいぶ改善されやすくなります。

 

最近の矯正は見た目を目立ちにくく、期間も短くなってきているので、是非おススメですよ♡

 

無料カウンセリング、心よりお待ちしています。

075-981-6874 

あふれる笑顔があなたに♡

 

 

 

矯正・歯並び年間セミナー・ベーシックコース第4回 2013.7.11 院長(歯科医師):福原隆久 総主任(歯科衛生士):三澤恵美

院長(歯科医師) : 福原 隆久

 

今回の矯正セミナーでは、前回の最先端のミニインプラントによる矯正治療とは違い、

従来のワイヤーを曲げて行う矯正治療について学びました。

 

自分としては懐かしい分野でもあったのですが、その中からも現在の矯正治療にも使うテクニックもあり、

復習という意味でもとても勉強になりました。

 

また、矯正治療に入る前の診断の部分に関しても多くの時間勉強しました。

様々な流派の考え方、違う視点からの考え方から学ぶことで、

今後、矯正相談に来られる方々に、よりレベルの高いプレゼンテーションができるようになったのではないかと思います。

 

 

総主任(歯科衛生士) : 三澤 恵美

 

あゆみ歯科HPをご覧頂き、ありがとうございます。

7月になり、日差しが強くなってきましたね。

みなさま夏バテなど大丈夫ですか?^^

 

今回は院長先生と私は、保田矯正塾セミナー第4回に参加させて頂きました。

 

第4回セミナーの内容は、従来の矯正を体験する、というものでした。

 

従来と現在の治療内容を比べると、

現在のものは治療期も少なく、見た目も落ち着き、

最新の治療は本当にいいとこどり、という感覚でした。

 

矯正治療は需要が増えると共に、医療機器、治療方法も改善されてきているので、

従来にイメージで、

なんか負担があるなあ、と思われている方も、

一度話を聞かれてみてはいかがでしょうか?

 

あなた様のご来院、心から楽しみにしています。

 

八幡、京田辺、枚方で歯並び・矯正治療|あゆみ歯科クリニック

 

矯正・歯並び年間セミナー・ベーシックコース第3回 2013.6.27 院長(歯科医師):福原隆久 総主任(歯科衛生士):三澤恵美

院長(歯科医師) : 福原 隆久

 

今回の内容では、最新のミニインプラントを用いた矯正治療について主に学びました。

 

矯正治療とインプラント治療、あまり関係のなさそうなこの2つの治療ですが、

実はとても関連が深く、インプラントを植えてそれを土台にして歯を動かしたり、

逆に矯正治療で歯並びをきれいにして、できた隙間にインプラントをしたり、

と両方を用いると、とても様々な治療が可能になります。

 

今回は矯正用ミニインプラントの実習を含めて歯の動かし方や、仕上げの方法なども学びました。

 

 

 

また、ミニインプラントは矯正治療だけでなく、歯がない方の入れ歯の固定にも使えます。

 

歯が多くなり、大きい入れ歯になると、とても使いづらかったり、外れやすくなったりして、食事がしにくくなり、生活の楽しみにである食事がつらくなってしまいます。

 

そんな時にこのミニインプラントを使えば、入れ歯をしっかりと固定することができ、また以前のようにしっかりと噛むことができるようになるので、おいしい食事ができるようになります。

 

あゆみ歯科クリニックでも以前からこのミニインプラントに取り組んでいます。

 

歯並びなどでお悩みの方はもちろん、

入れ歯でお困りの方も是非お気軽にご相談くださいね。

 

 

総主任(歯科衛生士) : 三澤 恵美

 

あなたの口元、きにされたことありますか?

 

最近ではCMで放映されるぐらい、矯正治療って流行ってますよね。

 

見た目の歯並び、咬み合わせ、その他少なからず一度はご自身の口元を気にされた方が多いと思います。

 

最近では矯正技術も発達して、期間も短くなってきていますし、口元の見た目、視力、身体の健康にも影響があることが分かってきています。

 

私自身もあゆみ歯科で矯正をさせていただいているのですが、あと1年後が本当に楽しみです。

 

あなたもお口から始まる幸せを手に入れてみませんか?

 

 

八幡、京田辺、枚方で歯並び・矯正治療なら|あゆみ歯科クリニック

 

 

矯正・歯並び年間セミナー・ベーシックコース第2回 2013.5.30 院長(歯科医師):福原隆久 総主任(歯科衛生士):三澤恵美

院長(歯科医師) : 福原 隆久

 

今回は歯並びを治す矯正治療の年間コースの第2回目でした。

 

前回で矯正治療の概略を習い、

今回は各種インスツルメントに関する講義、

歯の動く方向や力のかかり方に関する講義、

インプラントを用いた矯正治療について、

ワイヤーを用いた矯正治療について、

ということを学びました。

 

矯正治療には主に、子供のころに行う第1期治療と、

大人になってから行う第2期治療があります。

 

第1期治療は、主に上下の前歯が何本か生えかわった頃から行う物で、

歯並びの叢生(ガタガタ感)や、簡単な反対咬合(下の歯が上の歯よりも前に出ていること)

を治すことが出来ます。

 

お口の中につけるマウスピースのようなもので行い、

大体平均すると1年前後の治療期間で行っていきます。

 

それに対して、第2期治療とは、主に上下左右の7番目の歯が生えそろう頃、

つまり14歳以降位から行う物で、ご覧になったことがあるかもしれませんが、

歯の表面にプチプチとしたブラケットをつけて行う物です。

 

とはいえ、今のものはプチプチも透明ですし、ワイヤーも昔のものよりも細くて、

色も銀色ではなく、歯に近い色をしているので、あまり目立ちません。

 

あゆみ歯科では、さまざまな矯正治療にご対応し、皆様のきれいな歯並び創りにご貢献したいと思っています。

あゆみ歯科クリニックには、八幡市、京田辺市、枚方市、久御山町、長尾、などの方々が矯正治療に訪れられています。

 

歯並びでお悩み、ご相談、ご質問等、ありましたら、お気軽にお尋ね下さい。

 

 

総主任(歯科衛生士) : 三澤 恵美

 

矯正患者様急増中です!!!

「あなたの歯も気になりませんか?」

 

最近では、矯正装置は目立たなくなり、大人の方の矯正治療をされる方がどんどん増えてきました。

 

私自身も矯正治療を受けているのですが、着け心地や見た目が煩わしいの気になるのは本当に最初だけで、今では煩わしさなどよりも、装置が取れて ホワイトニングをして、キレイになるのが本当に待ち遠しいです。

 

今回学ばさせていただいた内容が、あなた様やあなたの周りの方にご貢献できますよう、

日々努力させて頂きます。

 

矯正治療のカウンセリング、無料相談も随時受け付けています。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

八幡、枚方、京田辺からの矯正・歯並び治療|あゆみ歯科クリニック

 

 

矯正・歯並び年間セミナー・ベーシックコース第1回 2013.4.25 院長(歯科医師):福原隆久 総主任(歯科衛生士):三澤恵美

院長(歯科医師) : 福原 隆久

 

今回、あゆみ歯科クリニックでも取り組んでいる、歯並び・矯正治療のさらなるレベルアップを求めて、

元大阪大学助教授を務めておられた、保田先生の年間セミナーの第1回に参加してきました。

 

より短期間に、より痛みなく治療ができるよう、新しい機材や方法、

考え方など、多くのことを学べました。

 

矯正治療の分野も、インプラント治療と同じく、日進月歩で技術が進んでいっているので、

これからもしっかりと学び、あゆみ続けていきたいと思います。

 

ご来院の方々、八幡、枚方、樟葉、京田辺の方々に、

よりきれいな笑顔、をご提供できるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

 

 

総主任(歯科衛生士) : 三澤 恵美

 

 

 「あなたはご自身の口元、気になりますか?」

「咬み合わせは気になりませんか?」

 

矯正って聞くと銀のワイヤーを入れて何年も装着しているイメージが多いと思います。

 

今回、院長先生と行かせていただいたセミナーでは、

ワイヤーをつけなくても歯の並びがキレイになるという画期的なものでした。

 

見た目を気にされる方にはとても嬉しいお話ですね。

 

全ての方に適用されるわけではないのですが、

あゆみ歯科では模型をとって→説明と言う流れまでは無料でさせていただいているので、

少しこの話が気になったあなた♡

 

いつでもご連絡くださいませ。

 

矯正は「心の病を治す治療」でもあります^^

 

あふれる笑顔をあなたにも♡♡

 

 

メールで相談する(無料)インターネットでのご予約はこちら
コンテンツメニュー
診療時間
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
10:00~19:00      

※定休日は、日曜日・祝日です。

開院 開院 閉院 閉院 



〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874


link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

診療案内