豆知識
トップ豆知識>入れ歯

豆知識

適切な入れ歯の手入れの仕方

入れ歯というのは、1度作ると数年は使用できる補綴装置です。けれども、手入れの仕方やオーラルケアの方法によっては、入れ歯が合わなくなったり、壊れてしまったりすることがありますので注意が必要です。ここではそんな入れ歯の適切な手入れの仕方などについて詳しく解説します。

 

1.入れ歯は汚れやすい

 

入れ歯は、天然の歯よりも汚れやすい傾向にあります。例えば、天然の歯というのは、普段から唾液による自浄作用が働いていたり、歯質そのものが人工歯と比べて汚れを付着させにくい性質をもっていたりすることから、入れ歯ほど汚れやすくはないといえるのです。一方、入れ歯というのはレジンなどによって作られた人工物ですので、手入れの仕方が悪いと歯垢や歯石などが堆積してしまいます。

 

2.天然の歯と同じように歯石がたまる?

 

歯科医院には、入れ歯に沢山の歯石を付着させた患者さんもいらっしゃいます。入れ歯は人工物であるため、そうした汚れはつかないものと思い込んでいらっしゃる方も少なくないのです。けれども、入れ歯はむしろ天然の歯よりも汚れが付きやすいため、適切な方法で毎日手入れをしなければいけません。

 

3.歯ブラシでゴシゴシ磨いてはダメ

 

多くの人がやりがちなのは、普段歯を磨いている歯ブラシで、天然の歯と同じように入れ歯を磨いてしまうことです。これはあまり良い手入れの仕方とはいえません。なぜなら、入れ歯というのはレジンなどのプラスチックで作られていますので、一般的な歯ブラシでゴシゴシと強く磨くと、表面に無数の傷ができてしまいます。傷ができると、そこへ汚れがたまりやすくなるため、衛生面がさらに悪化します。そこで、入れ歯用のブラシを活用したり、入れ歯洗浄剤で入れ歯を洗ったりすることをお勧めします。

 

4.入れ歯洗浄剤の重要性

 

入れ歯には天然のような自浄作用が働いていませんので、入れ歯洗浄剤による化学的清掃が不可欠といえます。それも毎日使用することで、入れ歯を清潔に保つことが可能といえます。

 

5.装着していないときは水に浸ける

 

就寝中は入れ歯を外すように歯科医師から指導を受けているかと思いますが、その際、入れ歯を直に洗面所などに放置してしまう方がいらっしゃいますが、そうした保管方法はおすすめできません。というのも、入れ歯は乾燥すると変形を招く恐れがあるからです。あるいは、乾燥によって性質が弱くなり、割れやすくなることもあります。そういったことから、入れ歯を口腔内から外すときは、必ず水につけるなどして乾燥するのを防ぎましょう。

 

6.合わない入れ歯は修理が必要

 

私たちの口腔内は絶えず変化しています。とりわけ高齢の方は、歯が抜けたり摩耗したり、あるいは顎の骨が吸収されて咬み合わせが低くなったりすることもあります。そうした変化が口腔内に現れると、これまで使っていた入れ歯がフィットしなくなることがあります。それに気づかず、無理して合わない入れ歯を使い続けると、さらなる口腔内への悪影響が及びかねませんので、合わなくなった入れ歯は修理していきましょう。入れ歯の調子が良いかどうかは、定期的に歯科医院を受診することで確かめることができます。少しのズレであれば、簡単な修理で対応できますので、違和感があったら早めに受診することをおすすめします。

 

7.まとめ

 

入れ歯は上述したような方法で手入れをすることで、長く使い続けることが可能です。せっかく時間をかけて作った入れ歯ですので、大切に使い続けることが望ましいです。ただし、入れ歯が合わなくなってきたら、すぐに修理しましょう。合わない入れ歯は、口腔内におけるさまざまなトラブルを引き起こしかねません。

インプラントと入れ歯の違い

歯科医院では、失った患者さんに対していくつかの治療法を提案しますが、その代表がインプラントと入れ歯です。これら2つの治療法には色々な違いがあるため、患者さんのニーズに合った方法を選択する必要があります。ここではそんなインプラントと入れ歯の違いについて、治療選択における有用な判断材料となるよう、詳しく解説します。

 

1.どちらも失った歯を補う治療法

 

インプラントも入れ歯も、虫歯などで失った歯を補うための治療法です。簡単にいえば、歯の喪失によって生じた隙間を人工歯で埋めることを目的としています。これはもちろん、ざっくりとした表現ですが、大まかなイメージとして捉えておいてとらえておいてください。

 

2.適応できる症例の違い

 

インプラントと入れ歯では、それぞれの治療法を適応できる症例に違いがあります。

 

2-1 入れ歯はあらゆる症例に適応可能

 

まず、入れ歯に関してですが、入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。部分入れ歯は、1本から複数本に及ぶ歯の喪失に対しても適応できます。専門的にはパーシャルデンチャーと呼ばれるもので、適応範囲が広いだけに、色々な形態があります。使える素材も様々です。

 

総入れ歯は、文字通り口腔内を全て入れ歯で補う補綴装置で、これは全ての歯を失った症例に対して適応されます。逆にいうと、1本や2本の残存歯ある症例では適応できません。専門的にはコンプリートデンチャーと呼ばれる装置です。

 

2-2 インプラントは顎の骨の状態に左右される

 

インプラントもある意味で、全ての症例に適応できます。インプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込む治療ですから、1本の喪失歯であっても複数の喪失歯であっても、人工歯根の数を増やすなどして対応できます。けれども、入れ歯との大きな違いは、顎の骨の状態が適応の可否に関わるという点です。もしも顎の骨の状態が悪ければ、たった1本の喪失歯に対しても、インプラント治療は適応できません。

 

3.歯根の有無の違い

 

インプラントは、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込む治療法ですので、本物の歯に近い状態で欠損部を回復することができます。人工ではありますが歯根が存在することで、人工歯の安定性が高まり、咀嚼した際の噛み心地も天然の歯に近いものとなります。一方、入れ歯には人工歯根がありません。入れ歯は歯冠の部分と歯肉の部分から構成されていますので、単に残存した歯列に装着するだけとなります。その結果、装着感や咀嚼した際の噛み心地などは、インプラントよりかなり劣ることとなります。安定感も低下します。

 

4.周りの歯への影響

 

入れ歯には、クラスプと呼ばれるバネの部分が存在し、これを支えとなる歯にひっかけることで、脱落を防ぎます。その他、レストと呼ばれるパーツをフィットさせるために、健全な歯を削る必要が出てきます。また、入れ歯は残存歯を支えとしていますので、使えば使うほど、周囲の歯に負担をかけていくこととなります。一方、インプラントは人工歯根を埋め込みますので、周りの歯から独立した形で装着することが可能です。つまり、健康な歯を削ったり、過剰な負担をかけたりすることがないのです。

 

5.保険適応の有無

 

入れ歯は保険適応されるケースが多いです。特別な材料や特別な設計にしない限りは、基本的に保険が適応されます。一方、インプラントは原則的に保険が適応されません。ですから全額自費負担となります。

 

6.まとめ

 

このように、インプラントと入れ歯では、双方にメリット・デメリットが存在しますので、それらを勘案した上で、治療の選択を行いましょう。一概にどちらかが優れた治療法だとは言い切れません。

メールで相談する(無料)インターネットでのご予約はこちら
コンテンツメニュー
診療時間
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
10:00~19:00      

※定休日は、日曜日・祝日です。

開院 開院 閉院 閉院 



〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874


link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

診療案内