2014年

SJCDレギュラーコース 第7回

2014年を通して学ぶ年間セミナーの第7回を10月に受講しました。

 

今回のテーマはかぶせ物を作るときの形や角度、適切な形成量、手順などについて、でした。

もちろん歯科医師であれば誰でも歯を削ることはできますし、詰め物やかぶせ物の治療を行う事は可能です。

 

ただ、その中で、さらに良く噛めるようにするにはどうすればいいか、1年でも1日でも長持ちさせるためにはどうすればいいか、少しでもきれいに完成させるにはどうすればいいか、など、突き詰めていくととても奥が深く、こだわるべきポイントが実は沢山あるのです。

 

今回はそれらを体系だてて学ぶことができ、非常に実りの大きな時間となりました。

歯科医院では日々虫歯治療の後などのかたどりが行われているますが、それらの平均寿命自体を総じて引き延ばすためのノウハウ、手技を学ぶことができ、とても感動しました。

 

さっそくあゆみ歯科クリニックで実践し、皆様にきれいで良く噛めて、長持ちする歯をご提供していきたいと思います。