歯科の勉強の記録

矯正・歯並び年間セミナー・ベーシックコース第2回 2013.5.30 院長(歯科医師):福原隆久 総主任(歯科衛生士):三澤恵美

 

院長(歯科医師) : 福原 隆久

 

今回は歯並びを治す矯正治療の年間コースの第2回目でした。

 

前回で矯正治療の概略を習い、

今回は各種インスツルメントに関する講義、

歯の動く方向や力のかかり方に関する講義、

インプラントを用いた矯正治療について、

ワイヤーを用いた矯正治療について、

ということを学びました。

 

矯正治療には主に、子供のころに行う第1期治療と、

大人になってから行う第2期治療があります。

 

第1期治療は、主に上下の前歯が何本か生えかわった頃から行う物で、

歯並びの叢生(ガタガタ感)や、簡単な反対咬合(下の歯が上の歯よりも前に出ていること)

を治すことが出来ます。

 

お口の中につけるマウスピースのようなもので行い、

大体平均すると1年前後の治療期間で行っていきます。

 

それに対して、第2期治療とは、主に上下左右の7番目の歯が生えそろう頃、

つまり14歳以降位から行う物で、ご覧になったことがあるかもしれませんが、

歯の表面にプチプチとしたブラケットをつけて行う物です。

 

とはいえ、今のものはプチプチも透明ですし、ワイヤーも昔のものよりも細くて、

色も銀色ではなく、歯に近い色をしているので、あまり目立ちません。

 

あゆみ歯科では、さまざまな矯正治療にご対応し、皆様のきれいな歯並び創りにご貢献したいと思っています。

あゆみ歯科クリニックには、八幡市、京田辺市、枚方市、久御山町、長尾、などの方々が矯正治療に訪れられています。

 

歯並びでお悩み、ご相談、ご質問等、ありましたら、お気軽にお尋ね下さい。

 

 

総主任(歯科衛生士) : 三澤 恵美

 

矯正患者様急増中です!!!

「あなたの歯も気になりませんか?」

 

最近では、矯正装置は目立たなくなり、大人の方の矯正治療をされる方がどんどん増えてきました。

 

私自身も矯正治療を受けているのですが、着け心地や見た目が煩わしいの気になるのは本当に最初だけで、今では煩わしさなどよりも、装置が取れて ホワイトニングをして、キレイになるのが本当に待ち遠しいです。

 

今回学ばさせていただいた内容が、あなた様やあなたの周りの方にご貢献できますよう、

日々努力させて頂きます。

 

矯正治療のカウンセリング、無料相談も随時受け付けています。

 

よろしくお願いいたします。