• 豆知識

歯石取りは自分でできる?歯科医院による歯石取りの重要性とメリットについて

 

ネットショッピングやドラッグストアでは、一般の方向けに、自分で歯石を取るための器具が販売されています。歯石が目立つ部分に付着すると見た目が悪くなったり、舌で触るとザラザラしているのが気になって、自分で取り除きたいと思う方も多いでしょう。しかし、私達歯科医師・歯科衛生士の観点から見ると、患者様ご自身で歯石を取ることには多くのリスクと問題があります。

 

自分で歯石を取ることのリスク

硬い歯石を引き剥がす必要があるため、歯石を取り除くための器具は非情に鋭利に作られています。これは市販の歯石取りの器具も例外ではなく、使い方を間違えたり、正しい角度、手の動き、歯の形状に合わせて使わないと、歯や歯肉(歯ぐき)を傷つけてしまう恐れがあります。傷ついた歯肉からは炎症が広がるリスクが高く、結果的に歯周病を悪化させてしまう可能性もあります。

さらに、自分で行う歯石取りでは、どうしても見える部分しか除去できません。奥歯や死角になっている部分の清掃は難しく、また口腔内は奥に行くほど意外と暗く見にくいため、取り残しが発生しやすいです。更に、後にお話します歯周ポケット部の歯石は、見ることがで全くできないため、手の感覚に頼る部分が大きいです。そのため、取り残した部分に歯垢(プラーク)が再び付着しやすくなり、逆に症状の悪化を招くことがあります。

 

歯科医院での歯石取りが必要な理由

歯石は見える部分だけでなく、歯と歯肉の溝(歯周ポケット)にも溜まります。この部分に溜まる歯石は「歯肉縁下歯石(しにくえんげしせき)」と呼ばれ、目視では確認できません。歯肉縁下歯石は、酸素を嫌う細菌が原因で形成され、歯にしっかりと付着しているため、一般の方では除去が非常に難しいです。

見えない部分の歯石除去には、専門知識を備えた歯科医師や歯科衛生士による診断と処置が必要です。歯科医院の場合、専用の器具や特化した技術を使い、安全かつ効果的に歯石を除去することができます。また、歯石の除去だけでなく、歯周病の予防や治療も同時に行えるため、総合的な口腔ケアが可能となります。

 

まとめ

自分で歯石を取ることは、金額面やご自宅でいつでもできるといった、短期的にはメリットがあるように感じるかもしれません。しかし、口腔ケア・お口の中の状態を保つといった長期的な面からみるとリスクが高く、おすすめはできません。

ぜひ歯科医院で専門のスタッフによる歯石取りやお掃除を受けていただき、歯の健康を守るお手伝いをさせていただければと思います。

 

監修:医療法人隆歩会理事長 歯学博士 福原隆久