• 動画
  • 豆知識
  • 虫歯・歯周病

妊婦と歯周病の関係

 

福原・住友:「歯医者さんが教える、歯の秘密!!」。
福原:こんにちは。木曜日の昼下がり、いかがお過ごしですか。ここからは、「歯医者さんが教える、歯の秘密!!」でお楽しみください。お相手は、あゆみ歯科クリニック院長、福原隆久と。
住友:住友未央です。この番組では、歯に関するさまざまな情報をお届けし、予防歯科で健康寿命を延ばし、健やかな未来を目指します。当たり前のようで知らなかった歯科の世界を楽しくお勉強しましょう。それでは最後までお付き合い、
福原・住友:よろしくお願いいたします。
住友:「歯医者さんが教える、歯の秘密!!」。この番組は、あふれる笑顔をすべての人に、あゆみ歯科クリニックの提供でお送りします。あゆみ先生、今日もよろしくお願いします。
福原:よろしくお願いします。
住友:先生、私は自己紹介のときにもお話ししたのですけれども、独身なのですよ。
福原:何歳でしたっけ?
住友:それは聞かない約束だったと思うのですけれども。
福原:あかんのか。今日も聞かれへんかった(笑)。また、視聴者の皆さん、お楽しみに。
住友:婚活中ではあるのですけれども。
福原:そうなのですか。
住友:私の周りの友達は妊活している、頑張っている子も結構いるのですよ。
福原:子どもが欲しいなということで。
住友:子どもが欲しいなということで、今、最近のはやりの言葉ではないですか。婚活、妊活。
福原:よく聞きますね。婚活パーティーとか。
住友:最近できた言葉ですよね。
福原:そうですね。僕も今度、地元で婚活パーティーの主催のようなことをしたりするのです。
住友:そうなのですか。
福原:町の人口というか、町の活性化のようなことをやっていて、町の人口を増やすために町に人を呼んでこようという取り組みですね。僕は八幡市なのですが、その周辺のいろいろな所は人口が減っていっている地域もあるので、それを食い止めようという、そんなこともやったりしています。
住友:ぜひ参加させてください。
福原:ぜひぜひ。また近々、今度は南山城村という所でやりますので、よろしくお願いします。
住友:そうなのですか。いいことを聞いちゃいました。
福原:また、ぜひよろしくお願いします。
住友:すみません、話がそれてしまったのですけれども。妊娠中の子や妊活中の子が、虫歯になったときはどうしたらいいのかという悩みをよく相談されるのですけれども。
福原:そうですね。妊娠中の治療などですね。一番いいのは当たり前なのですが、妊娠中、前後を通して虫歯にならないこと。当たり前ではないかと、そういう話なのですが。歯周病を食い止めること。どうしても妊娠中というのは、ホルモンバランスの影響で歯周病菌が体に勝ちやすいというのもあるので。だから、妊娠性歯周炎や妊娠性歯肉炎というのがあるのでよく磨きましょうといわれるのですけれども。あとは単純に、実生活として気分が悪くなることもあるし、体もよっこらしょとしんどくなってくると、なかなか自分の歯を磨いてきちんと寝たり、きちんと歯を磨くということが単純に滞ってしまうせいで虫歯や歯周病になってしまうということもあるので。そこをきっちり、例えば歯医者さんで3カ月に1回、機械のお掃除をしていくだけでだいぶ防げるので。
住友:それは妊活中の女性も、もうスタートしていた方がいいのですか。3カ月に1回ぐらいで。
福原:そうですね。それがいつからかというのは分からないと思うので。虫歯というのはもっと長い話でいうと、例えば25歳になってできてきて痛くなる虫歯というのは、6歳や7歳、あるいは12歳までに虫歯の種がもうあるといわれているのですよね。
住友:そんなに前から。
福原:そうなのです。なので、虫歯はなってから3カ月でポコッとなるというわけではなくて、その種というのはもう数年前からあるのですね。
住友:ずっとあるのですね。
福原:そうなのです。なので、何もないときからお掃除をしっかりしていくというのがすごく大事で。妊活中であれば、そのときからやっていった方がいいだろうという。
住友:そうですね。
福原:妊娠したから急にお掃除をした、もちろんそれから虫歯が進行するのを少しは防げるかもしれないけれども、虫歯の種はできてしまうので、そうならないようにしていくのが一番大事だなという。
住友:事前に準備することが大事なのですね。
福原:そうですね。そういう種があるかないかだけでも、虫歯を診てもらうというのはすごく大事なことかなというふうに思いますね。
住友:先々週ぐらいですか。11月の頭ぐらいの放送で、マタニティー歯科という言葉が少し出てきたのですけれども。
福原:でき始めてからもう12~13年にはなりますかね。どんどん広がっていった単語ですよね。
住友:初めて聞きました。マタニティー歯科。
福原:そうですか。新しい感じがするので。すごく学問として何か、例えば矯正治療やインプラント治療という1つの分野ではないのですけれども、やはり妊活中、あるいは妊娠中、出産後の女性に対して、普通の何もないときよりもしっかり歯周病治療などをしましょうといったり。特に妊娠中は、さっきの歯磨きの問題で虫歯のこともあるのですけれども、やはり歯周病になりやすいのですね。それは妊娠性歯周炎や妊娠性歯肉炎という病名が付く、学問上あるぐらい起こり得ることなので。
住友:この間の放送でも、歯周病菌が増えるとあゆみ先生はおっしゃっていましたよね。
福原:そうなのです。妊娠して、どうしても忙しいから歯医者さんに行けないと。出産して、子どもが2歳ぐらいになって、ちょっと落ち着いてきたなとなったころには自分の歯がグラグラになっていたり、久しぶりに歯医者さんに行ってみたら虫歯だらけになっていたり、そういうことがあると悲しいですよね。それを防いでいくのがすごく大事だなということと。あと、妊娠中というのが、例えば歯周病が、歯磨きがあまりできなかったり、ホルモンバランスの関係で妊娠性歯周炎になったとすると、これは学会の1つのデータなのですが、妊婦さんで歯周病の症状が強い人の方が、怖い話ですけれども、流産や低体重児の出産の割合が4倍ぐらい高いという論文があるのです。
住友:歯とそんなに関係あるのですか。
福原:そうなのです。歯周病というのはやはり全身疾患、心臓疾患や脳疾患にも年齢がたったときには影響があると今はよくいわれているのですけれども。妊娠中の方の子どもに対する影響というのも、それぐらい論文が出ているので。
住友:歯とおなかは遠いではないですか、見た目的には。全然関係ないように思うのですけれども。
福原:そうですね。ただ、歯周病菌というのは心臓にも行くぐらいなので。
住友:だって歯周病って歯の周りの病気ですよね。
福原:そうなのです。顕微鏡で見ると、うちの歯科医にもあるのですけれども、位相差顕微鏡という顕微鏡で見ると、食べかすを取ってプレパラートに置いて見ると、本当に歯周病菌が、ウニョウニョとミミズみたいなものが動いているのが見えるのですね。それは僕らの体の中にいっぱいいるので、1ミリグラム中に1億菌おりますので。その菌が、歯周病になると歯茎から血が出たりするではないですか。そこから血管をめぐっていくのですね。ウニョウニョと入っていくのです。それが免疫の弱い方や高齢の方だと血管の中で死なずに心臓の近くまで行ってしまったり、炎症の強い方であれば、妊婦さんですね。胎児に影響が出てきてしまうという。
住友:それでおなかまでいきわたってしまうという。
福原:そうなのです。少し話題が違いますが、高齢の方だと、食事と一緒に、当然つばを飲み込むではないですか。それが肺に行ったりもするので。誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)など。歯周病菌が肺の方に下りていって、そこで暴れて誤嚥性肺炎というのを起こしたりもするので。
住友:歯周病というのはそんなに怖いのですね。
福原:そうなのです。妊婦さんもそうですし、高齢の方もそうですけれども、非常に怖い病気なので。でも、防ぐ治療法が割と簡単なのですね。なにせきれいにするというだけなので。
住友:絶対に検診するべきですね。行くべきですね。
福原:そうなのです。それがもう本当に大事で、それで防げるので。すごい手術が必要とかではないので、最初のうちは。そういうことをしっかりやっていただければと思います。
住友:早めの対策が必要なのですね。
福原:はい、その通りでございます。
住友:マタニティー歯科について少しお聞きしたのですけれども、また来週にでも、産後はどうしたらいいのかをお聞きしたいなと思います。
福原:はい。ぜひよろしくお願いします。
住友:よろしくお願いします。歯周病は怖いですね。
福原:恐ろしいですよ。彼らも生きるのに必死なのですが。自爆しながら僕らを攻撃してきますからね。
住友:そうですね。
福原:「ドラゴンクエスト」でいうところのメガンテといわれていて。だいぶ攻撃力が高いので、気を付けないと。
住友:一番駄目な呪文ですね。
福原:そうです。自分も死ぬので、やめておけばいいのにと思うのですけれども。
住友:怖い怖い歯周病のお話を、また来週もしっかりお聞きしたいと思います。
福原:ぜひよろしくお願いします。
住友:リスナーの皆さまも、実際に歯周病になられた方もいらっしゃるかもしれませんよね。歯周病が怖いという方もたくさんいらっしゃると思いますので、歯に関する疑問など、どんどんメッセージをいただければと思います。全ての宛先は、mail@kiku-fm779.com。または、ファクス072-843-8686までお送りください。
福原:では、また来週もこの時間にお耳にかかりましょう。「歯医者さんが教える、歯の秘密!!」。お相手は、あゆみ歯科クリニック院長、福原隆久と。
住友:住友未央でした。それでは来週まで、
福原・住友:ごきげんよう。
住友:「歯医者さんが教える、歯の秘密!!」。この番組は、あふれる笑顔をすべての人に、あゆみ歯科クリニックの提供でお送りしました。