• 動画
  • 豆知識
  • 虫歯・歯周病
  • その他

妊娠中の歯科治療について

 

福原・住友:「歯医者さんが教える、歯の秘密!!」。
福原:こんにちは。木曜日の昼下がり、いかがお過ごしですか。ここからは、「歯医者さんが教える、歯の秘密!!」でお楽しみください。お相手は、あゆみ歯科クリニック院長、福原隆久と。
住友:住友未央です。この番組では、歯に関するさまざまな情報をお届けし、予防歯科で健康寿命を延ばし、健やかな未来を目指します。当たり前のようで知らなかった歯科の世界を楽しくお勉強しましょう。それでは最後までお付き合い、
福原・住友:よろしくお願いいたします。
住友:「歯医者さんが教える、歯の秘密!!」。この番組は、あふれる笑顔をすべての人に、あゆみ歯科クリニックの提供でお送りします。あゆみ先生、先週はまさかの、エンディング前にメガンテ。
福原:メガンテ。懐かしいですね、本当にもう。
住友:歯周病がね。
福原:そうですね。僕らの世代はパルプンテとメガンテに憧れて育った世代ですからね。
住友:「ドラゴンクエスト」の。
福原:そうですね。「どこまでレベル上げたら行けるのかな」、「行けた、行けた」みたいな。懐かしい。
住友:怖い怖い呪文のような。
福原:本当にそうなのです。歯周病菌は危ないやつなのでね。最後、メガンテを使ってくるので。大ダメージをこっちも受けますので。それまでに歯を磨いて除去するというのが一番大事ですね。
住友:すごく怖いなと、最後に余計に思ったのですけれども。
福原:ドカーンと、今日も、今も歯茎の中で爆発しているので。
住友:怖いですね。
福原:本当にそうなのです。
住友:マタニティー歯科について、先週お聞きしましたが、妊活中の方や妊娠中の女性がどういうふうにしたらいいかということを聞いたのですけれども。
福原:そうですね。まず、本当にしっかりと検診でお掃除をしていただくということと。あと、マタニティー歯科で分野としてよくいわれることで、もし虫歯になったらどうするのという。例えば、親知らずが妊娠中に痛くなったらという。よく聞かれるので、少し解説だけしておきたいなと思います。
住友:お願いします。
福原:妊娠初期から安定期まで。大体4カ月目までですね。やはりこれは麻酔やレントゲンはなるべく避けた方がいいといわれているのです。本当に緊急事態でなければ。なので、どうしてもそこができないので、妊活中から定期検診やお掃除をしておくのが大事ですよということなのですが。いざ、妊活中でやっていて、妊娠が分かったときに歯が痛くなってしまうと、今は麻酔をしたくないけれどもどうしますかという話になるので。
住友:麻酔をしないと痛いですよね。
福原:そうですね。本当にいよいよの虫歯があるとどうしても麻酔をしないといけなかったり、親知らずで手前の歯に食い込むような感じになってきたやつがそのままになっていて、ちょうどその時期を迎えてしまうと、なかなかこれはつらい。
住友:つらいですね。
福原:麻酔もできないし、本人さまもお薬を飲むのも抵抗があるし。
住友:お薬も飲めないですものね。
福原:もちろん絶対全部が駄目というわけではないのですけれども、やはり弱いお薬を使ったり、そういうふうなことになってくるので。
住友:なるべく避けたいなと。
福原:そうなのです。なので、最初から、そうなる前からきれいにしておいたりすることが大事ですということと。でも、いざなってしまったらその期間はわれわれとしてもあまり介入したくはないですね。レントゲンを撮ったり、麻酔をしたり、例えば抗生剤を出したり、普通レベルの痛み止めを出すのも避けたいのです。何かあってはいけないので。「そこは少し様子を見ましょう」ということになったり、痛み止めも弱いものしか出さなかったり。抗生剤も内科の先生や産婦人科の先生と相談してからしか出せなかったりするので。とはいっても、歯が痛いといって来ている方に、「もう1回、産婦人科に行って聞いてきてください」とはなかなか言えないので。連絡がすぐつけば、その場で私が電話して聞いてするのですけれども。電話がつながらない時間帯があるではないですか。非常に困ったりするので、その事前のそれは大事だなと。あと、安定期に入れば、ここは一応、通常の歯科治療ですね。レントゲンを撮っても。防御エプロンをしてレントゲンを撮っても大丈夫といわれていますし、麻酔も普通のもので大丈夫だよというふうにいわれています。
住友:レントゲンは大丈夫なのですか。
福原:そうですね。特に最近では、デジタルのレントゲン。昔のフィルムのレントゲンではなく、デジタルのレントゲンを使っているところであれば、従来のアナログのものよりも放射線自体は10分の1ぐらいになっているので。本当に害というのは少ないのですね。
住友:そうなのですか。
福原:よくいうのですけれども、飛行機に乗って、例えばハワイ旅行に行ったとするではないですか。実は飛行機に乗る上空というのは、放射線がすごく多いのです。海外旅行に1往復して帰ってくるよりもレントゲンの方がだいぶ少ないので。
住友:空に放射線があるのですか。
福原:はい、そうです。上空というのは放射線があるので。
住友:知らなかったです。
福原:もちろん人体には全然影響のないレベルですよ。それよりもさらに今のデジタルのレントゲンは放射線が少ないので。
住友:めちゃくちゃ安全なのですね、そうしたら今のものは。
福原:そうですね。よくそういう説明をさせていただきますね。飛行機に乗って行くよりも少ない量なので、それでどうかなるということはないですよという。
住友:それを聞いたら、すごく一気に安心しました。
福原:本当ですか。良かったです。その4カ月から8か月目ぐらいの間は、治療は全然大丈夫なので、その間にもし何かある場合はきちんと治しましょうという、それはやはり大事ですね。そこで妊娠性歯周炎というものも起こってくるので。治療に通っていれば当然、一緒に歯周病治療をするでしょうから、そういうのは防げると思うのですけれども。しっかりやることが大事ですよと。何もなくても3カ月に1回とか、2カ月に1回とか診ていったらいいのかなとは思うのですけれども。
住友:安心ですよね。
福原:そうですね。やはり何かなったとき、最初も怖いですけど、妊娠で一番困るのは、いよいよもう生まれますとなったときに歯が痛いと。これは本当に困りますよね。もう歯医者さんに行っている場合ではないのだという。通っていられないし、いざ生まれますよとなって生まれた後、すぐに歯医者さんに行けますかというとなかなかそれは難しいですよね。
住友:産後はなかなか厳しいですね。
福原:なので、この安定期の間にもし何かある場合は治す。もっというと、きちんと妊娠する前に治しきって、定期検診だけでいい状態にして、この10カ月を過ごしていただくということが一番、当然いいのですけれども。
住友:理想的ですね。
福原:そうですね。なので、この4カ月目から8カ月目。この間に、何かある人は、検診は絶対に行った方がいいと思いますし、ご近所の歯医者さんに。もし何かあるのであれば、治せるものは治すというのが一番ですよね。それで出産をめでたく迎えていただいて。あとは多分、そこから2~3カ月はなかなか歯医者さんに行くのは難しかったりするので。
住友:ちょっとおっくうになりそうですよね。
福原:そうなのです。なかなかいろいろな環境もあると思いますけれども、赤ちゃんを抱えてになるのか、預けてなのか。できるだけ早く1回行っていただくと。産後、授乳中、やはり同じように妊娠性歯周炎、産後の歯周炎になりやすいですから。
住友:産後もそうなのですね。
福原:そうなのです。母乳を与えている間というのは、そういうホルモンバランスの関係が違っているといわれていて、歯周炎が起こりやすいというふうにはいわれているので。
住友:生まれてからもきちんとしないと駄目なのですね。
福原:そうですね。しっかりしていただいてというのがありますね。その時期になると、子どもは生まれた瞬間というのは虫歯菌も歯周病菌もなんと口の中に0匹なのですね。正確に0匹なのですよ。なぜうつるかというと、母子感染や他人からうつるのです。食べたお箸であげたりすると、そこから虫歯菌が付いてしまうので。それを徹底的に防いでいくということですね。僕は今、子どもが5人いるのですけれども。当時のひいおばあちゃんが、ひ孫がかわいいといって、自分が食べたお箸で食べさせようとして。「あかん、あかん」と。「何があかんの?」と言われながら。虫歯がうつるからと言って。
住友:虫歯がうつってしまうのですね。
福原:そうなのです。最初、そこでうつるので。
住友:その辺も気を付けないと駄目なのですね。
福原:一番気を付けていただく必要がありますね。そこでうつると小さいうちに虫歯ができてしまうのです。そうすると12歳になるころに虫歯が多かったりするので。最初の0歳から3~4歳ぐらいまでがすごく大事なので、虫歯菌がうつらないようにしていくということですね。やはり親が虫歯菌や歯周病菌が少ない方が。付いてしまうこともあるではないですか。手で触ったりして。そういうこともなるべく数を減らしていくことができるので。
住友:産後もお母さまはしっかり定期検診を受けてやっていかないとということですね。それがマタニティー歯科。
福原:そうですね。あとは、その産後の0歳からの、子どもさんの側のものもあるかなと思うのですけれども、それはまた。
住友:では、また教えてください。
福原:ぜひ、またよろしくお願いします。
住友:勉強になりました。
福原:ありがとうございます。
住友:いつか私もマタニティー歯科をする日が来るのでしょうか。
福原:そうですね。何歳ぐらいで結婚したいなとかあるのですか。
住友:さて、お別れの時間となりました。
福原:全部はぐらかされるなあ。リスナーの皆さん、お楽しみに。
住友:皆さんも歯に関する疑問など、どんどん送ってくださいね。あゆみ先生、メッセージ欲しいですよね。
福原:そうですね。質問などがあればどんどん答えていきたいと思います。
住友:お待ちしております。宛先はmail@kiku-fm779.com。ファクスは072-843-8686までお待ちしております。
福原:では、また来週もこの時間にお耳にかかりましょう。「歯医者さんが教える、歯の秘密!!」。お相手は、あゆみ歯科クリニック院長、福原隆久と。
住友:住友未央でした。それでは来週まで、
福原・住友:ごきげんよう。
住友:「歯医者さんが教える、歯の秘密!!」。この番組は、あふれる笑顔をすべての人に、あゆみ歯科クリニックの提供でお送りしました。