豆知識
トップ虫歯・歯周病, 豆知識>歯を磨かなくても虫歯にならない人がいるのですが、体質によるものなのでしょうか??

豆知識

歯を磨かなくても虫歯にならない人がいるのですが、体質によるものなのでしょうか??

おそらく皆さまの身の回りにも1人はいらっしゃるかと思いますが、世の中には歯磨きを怠っても、なかなか虫歯にならない人が存在します。これは虫歯になりやすい人にとっては、とても羨ましいことですよね。そこで、虫歯にかかりにくい人がいる理由について詳しく解説します。

 

1.虫歯は感染症

 

虫歯にかかりにくい人が存在する理由については、まず虫歯という病気が感染症の一種であることを念頭に置く必要があります。つまり、ミュータンス菌などを始めとする虫歯菌に一切感染しなければ、そもそも虫歯を発症することはないのです。

 

2.虫歯にならない人は虫歯菌に感染していない?

 

さて、虫歯は虫歯菌に感染することで生じる病気ですが、歯を磨かなくても虫歯にならない人というのは、虫歯菌への感染が起こっていないのか、知りたいところですよね。この点に関しては、実際の研究資料や統計データなどが存在しないため、確実なことはいえませんが、一般的な人よりも口腔内に生息する虫歯に関する細菌が少ないことは確かです。結局、虫歯を今現在、発症しているか否かに関係なく、ほとんどの人の口腔内には虫歯菌が生息しているからです。いわゆる常在菌と呼ばれるものですね。これらは病気発症の有無に関わらず、沢山の種類が生息しています。

 

3.虫歯菌が生息しても虫歯にならない?

 

では、ほとんどの人のお口の中に虫歯菌が生息しているにもかかわらず、虫歯を発症する人間が一部なのはなぜなのか。それは虫歯菌が病原性を示すほど増殖した際に、虫歯を発症するからです。ですから、常在菌として存在しているレベルでは、必ずしも歯質を溶かすような病原性を発揮することはないといえるのです。

 

4.虫歯になりにくい人の特徴

 

歯磨きをしなくても、虫歯になかなかならないという人は、主に2つの理由が考えられます。

 

4-1 歯質が強い

 

歯の表面には、エナメル質と呼ばれる人体で最も硬い組織が存在し、咀嚼機能を担っています。このエナメル質は、硬い食品を砕けるほど丈夫にできているのですが、酸に対する耐性は低いのが特徴です。ですから、虫歯菌が産生する酸だけでなく、お酢や清涼飲料水のような酸性の強い食品を口に含むことでも溶けだすことがあります。そういった意味で、歯質の耐酸性能が高い人は、歯を磨かなくても虫歯になりにくい傾向にあるといえます。

 

4-2 唾液の殺菌作用が強い

 

唾液には、虫歯菌などを殺菌する作用やその働きを抑える抗菌作用などが備わっています。これらが体質的に強い人は、歯を磨かなくても虫歯になりにくい傾向にあります。普段から唾液の分泌量が豊富であれば、食後も食べかすなどが洗い流されますし、絶えず殺菌作用や抗菌作用が働いていますので、虫歯菌の増殖も抑えられることとなります。

 

5.虫歯にならない人はいない?

 

ここまで、歯磨きをしなくても虫歯になりにくい人の話をしてきましたが、「一切歯磨きをしなくても虫歯にならない人」がいるかどうかは別の話です。そもそも歯磨きを数日怠るだけでも、虫歯ではなくその他の異常が現れてきますし、それを実践することは不可能といえます。ただ、本当に虫歯にならない人がいるとしたら、それは口腔内に一切の虫歯菌が存在していないことを意味します。

 

6.まとめ

 

このように、虫歯になりやすいかなりにくいかは、ある程度、体質や歯質によって決まっています。生まれながらに虫歯になりにくい人は羨ましくもありますが、いずれにせよ歯磨きを怠ることはできません。歯磨きを怠れば、虫歯よりもさらに深刻な病気を誘発するリスクもあるからです。

メールで相談する(無料)インターネットでのご予約はこちら
コンテンツメニュー
診療時間
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
10:00~19:00      

※定休日は、日曜日・祝日です。

開院 開院 閉院 閉院 



〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874


link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

診療案内