豆知識
トップ虫歯・歯周病, 豆知識>自分にあった歯ブラシの選び方

豆知識

自分にあった歯ブラシの選び方

歯磨きは毎日何度も行うものですから、適切案ブラッシング法を実践でするだけではなく、自分に合った器具を使用することが大切です。ここでは、自分に合った歯ブラシの選び方について詳しく解説します。

 

1.自分の歯並びを理解する

 

歯ブラシを選ぶ際に重要となるポイントは「歯並び」です。人の歯並びは千差万別で、綺麗な弓型の歯列をしている人もいれば、乱杭歯で凹凸が大きい歯列をしている人もいます。そうした歯列の違いに応じて、使用する歯ブラシも異なってくるため、まずは自分自身の歯並びを観察し、その形態をしっかりと理解しましょう。

 

2.歯列に乱れがない人の歯ブラシ選び

 

歯列に特別な問題がない場合は、普段の歯磨きでも磨きにくさなどを感じることが少ないかと思います。そういったケースでは、最もポピュラーな形態の歯ブラシを使用することをお勧めします。毛先が平らで、ヘッドの部分も標準的な大きさの歯ブラシを選択しましょう。かたさは「ふつう」を選択してください。主に使用する歯ブラシは、そうしたポピュラーなもので十分歯面の汚れを除去することができます。

 

それに加えて、補助的な清掃器具も併用すると、さらにプラーク除去効果が高まります。具体的には、フロスを使って、歯と歯の間の汚れを取り除きましょう。歯間の汚れは、通常の歯ブラシで除去することが困難ですので、歯列の状態に関わらず、フロスを必要とします。

 

3.歯列に乱れがある人の歯ブラシ選び

 

出っ歯や八重歯、乱杭歯といった歯列不正がある人は、いくつかの歯ブラシを使い分けながら、口腔清掃を行っていく必要があります。ただ、ベースとなる歯ブラシは、歯列に乱れがない人と同じで、最もポピュラーなものを使用しましょう。

 

まず欠かすことのできないのが、ワンタフトブラシです。ワンタフトブラシは、毛の束がひとつしかない歯ブラシで、ヘッドの部分がとても小さいです。そのため、八重歯や乱杭歯のような歯列の入り組んだ部分にも、毛先を挿入することができます。こういった部分の清掃は、ワンタフトブラシでなければなかなか行えません。さらに、フロスや歯間ブラシも併用して、歯と歯の間の汚れをしっかり除去しましょう。

 

4.歯や歯茎に異常がある人の歯ブラシ選び

 

ブラッシングをする力が強すぎて、象牙質知覚過敏症を発症している人は「やわらかめ」の歯ブラシを使用することをお勧めします。ヘッドの部分は小さなものを選びましょう。そうすることで、歯にかかる過剰な圧力を減らすことができます。また、歯肉炎や歯周炎を患っている人は、歯茎が腫れたり出血しやすくなっていたりしますので、その場合も「やわらかめ」の歯ブラシを使うことが望ましいです。歯茎への刺激を軽減し、歯周病の症状を悪化させないようにします。

 

5.歯科医院でアドバイスをもらう

 

歯科医院の定期検診では、歯垢の染め出しなどを行って、患者さまのブラッシングの癖などを調べます。どこにどのような磨き残しがあるかを把握し、普段のブラッシングの問題点を指摘させて頂きます。その際、患者さまに最適な歯ブラシも提案させて頂いておりますので、自分に合った歯ブラシを選ぶのであれば、専門家のアドバイスを参考にするのもひとつの手段といえます。

 

6.まとめ

 

ひとりひとりの歯列が違うように、それぞれに合う歯ブラシの種類も異なります。歯列の状態や歯茎の病態なども考慮した上で、歯ブラシ選びは慎重に行いましょう。歯科医院の定期検診の際に、専門家のアドバイスを受けることは非常に有益といえますので、是非ともその機会を活用してみてください。

メールで相談する(無料)インターネットでのご予約はこちら
コンテンツメニュー
診療時間
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
10:00~19:00      

※定休日は、日曜日・祝日です。

開院 開院 閉院 閉院 



〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874


link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

診療案内