豆知識
トップその他, 虫歯・歯周病, 豆知識>メタルフリーになることでどのようなメリットがあるのか

豆知識

メタルフリーになることでどのようなメリットがあるのか

 

歯科治療では様々な場面で金属の材料が使われます。詰め物や被せ物、入れ歯やブリッジなど、数え上げればきりがありません。そうした場面で金属ではなく他の材料を使うことで、メタルフリーな治療を実現することができますが、そのメリットとはどのようなものなのでしょうか。

1.金属が使われる歯科治療

 

歯科治療ではまず、インレーと呼ばれる詰め物で金属が使われることがあります。とりわけ奥歯の治療では、メタルインレーを装着することが多いです。また、クラウンと呼ばれる被せ物も同様です。それに加えて、入れ歯にも金属が使われていますね。主にクラスプというバネの部分に金属が使われており、義歯床(ぎししょう)という口蓋などに接する部分に金属が用いられることもあります。その他、ブリッジやインプラントにおいても金属を使用する場面が多いといえます。このように、歯科治療と金属というのは、かなり密接な関係があるといえるのです。

2.メタルフリーにするメリット

 

上述したような各歯科治療において、金属を別の材料に置き換えるメリットについて詳しく解説します。

 

2-1 金属アレルギーが起こらない

 

メタルフリーにする第一のメリットは、金属アレルギーの防止です。歯科治療による金属アレルギーというのは意外に多いもので、最近では治療前にパッチテストなどの検査を行うことも珍しくありません。それだけに、金属アレルギーを発症するリスクがないメタルフリーの歯科治療は、非常にメリットが大きいといえます。

 

2-2 歯茎への着色がない

 

歯科治療に用いられている金属のパーツは、口腔内に露出していることが多いです。つまり、絶えず唾液などの刺激に晒されているため、金属イオンが溶け出しやすい環境にあるのです。その結果、金属イオンが歯茎へと沈着し、メタルタトゥーの症状を引き起こします。メタルフリーにすればその心配がなくなります。

 

2-3 見た目が美しい

 

金属が口腔内にあると、それだけでかなり目立ちます。ですから、保険診療でも前歯の治療を行う際には、金属を使用することはありません。そうした金属による審美性の低下は、メタルフリーにすることで劇的に改善されます。それはインレーやクラウンなど、補綴装置の種類に関わらず、全てのケースにおいていえることです。

 

2-4 歯を削る量が少ない

 

作成する補綴装置の種類にもよりますが、メタルフリーにすることによって、基本的には歯質の削除量を抑えることができます。詰め物にしろ、被せ物にしろ、それらを金属で作ろうとすると必然的に歯質削除量が多くなってしまいます。そこでセラミックなどの材料に置き換えることでメタルフリーな治療が実現でき、残せる歯質も増えるのです。

 

2-5 硬さや弾力性が天然歯に近い

 

金属と天然歯を比べると、やはり金属の方が硬く、弾力性も大きくことなります。その結果、歯根の破折などのトラブルが引き起こされやすくなるのです。一方、メタルフリーな素材であれば、比較的天然歯に近い性質を持っているため、金属材料よりは種々のトラブルが起こりにくいというメリットが挙げられます。

3.優れた点の多いメタルフリー治療

 

このように、メタルフリー治療にはメリットが沢山存在します。見た目が良くなるだけでなく、機能性や耐久性も向上することがあるため、非常に優れた歯科治療といえるでしょう。ですから今現在、歯科材料による金属アレルギーに悩まされていたり、口元の審美性の低下を気にされていたりする方は、メタルフリー治療をご検討ください。歯科治療における多様な場面で金属からセラミックなどへの置き換えが可能となっています。

メールで相談する(無料)インターネットでのご予約はこちら
コンテンツメニュー
診療時間
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
10:00~19:00      

※定休日は、日曜日・祝日です。

開院 開院 閉院 閉院 



〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874


link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

診療案内