よくある質問
トップよくあるご質問>口腔外科

よくある質問

顎関節症って何ですか?どういうものですか?

顎関節症というのは、

口を開けるときに顎から音が鳴ったり、

ガクガクしたり、痛みがあったり、左右不均等だったり、

もっと症状が進むと、口が開く量が減ってきたり、

顎の関節に何らかの症状が出ることの総称です。

 

顎の関節というのは、下顎の先の方の骨(下顎頭)と、

側頭骨(下顎の先が収まっている側面の頭蓋骨のことです)の下顎窩、

そしてその間にある関節円板という繊維の固まり(ちょっと堅めのクッションみたいなものです)

でできています。

 

通常はちょうどいいバランスでこの3つが構成されているので、

スムーズに顎が開いたり、閉じたりしますが、

何らかの原因でこの3つのバランスが崩れて、

症状が出てしまうことをまとめて顎関節症と言っています。

 

顎がずれる、3つのバランスが崩れる原因は様々ですが、

良くあるものとして、

・咬み合わせがずれている

・頬ずえや、寝るときの姿勢が右や左に偏っている時が多い

・仕事や趣味の時の姿勢が左右どちらかに偏っている

・電話を出るときに首を傾けることが多い

などが挙げられます。

 

これらの原因により、顎のバランスが崩れ、何らかの症状が出てくるわけですが、

一口に顎関節症といっても、症状の進み具合などによって様々に分類できます

大まかに言うと、

 

・咬んだりするときの筋肉(口や顔の周りの筋肉)のバランスが崩れて起こる場合。

症状としては主に筋肉の痛みのような症状が出ます。

 

・クッションの役割を果たしている関節円板に衝撃などが加わりすぎて炎症が起こっている場合。

顎間接から少し音がしたり、痛みを感じたりします。

 

・クッションの役割を果たしている関節円板の位置がずれてしまっている場合。

その場合、位置ずれが戻ることもできるかできないかでも分類されます。

これがよく言われるクリック音(カクカク音が鳴る症状です)が鳴る状態です。

 

・下顎頭や下顎窩の骨の形が変わってきてしまっている場合。

もっと症状が進んだ場合で、顎間接でカクカクではなく、シャリシャリ、ジャリジャリという感じの音がします。

 

・特に何か骨や筋肉に異常は無いけれども症状があるもの

 

と、いう感じです。

 

治療方法には単に安静にするもの、マウスピース作成や咬み合わせ調整、関節内の洗浄、大がかりな手術など様々なものがあります

 

ただし、原因の蘭を見て頂くと分かるように、

姿勢や寝る方向によるものなどの生活習慣から来ることもとても多く、

必ずしも歯医者さんで治せる、というわけではありません。

 

 

様々考えられる原因の中で、「かみ合わせのずれから起こっている」

という場合は歯医者さんで治すことができるのですが、それ以外の場合も多い、ということです。

 

 

では実際に歯科医院で治す場合、どのような治療になるのかを、別のコーナーで見ていってみましょう。

 

 

顎関節症に関しては、咬み合わせ治療のページもご参照ください。

口をあけると、顎がカクカク鳴るのですが・・・

口をあけると顎から音が鳴ったり、

大きく開いていくと引っかかるところがあったり、

真っすぐあいているつもりが少し左右が不均等だったり、

開いたり食いしばったりすると顎が痛かったり、

顎の関節に様々な症状が出ることを、まとめて顎関節症と言います

 

軽度の物であれば単に様子を見ていく経過観察とすることも多いです。

 

症状が大きくなってくる方、気になる方はマウスピースを作ったり、

かみ合わせの調整をしたり、詰め物やかぶせ物の形、高さを治したりすることもあります

 

まずはお気軽にご相談ください。

 

顎関節症については別の質問で詳しく解説もいたします。

 

そちらもご参照ください。

 

顎関節症に関しては、咬み合わせ治療のページもご参照ください。

抜歯は痛みや腫れなどはありますか?

抜歯をしている時自体は麻酔をいたしますので、大きな痛みはありません。

 

麻酔の効きが弱く、痛みを感じられる場合は左手を上げて頂き、

麻酔の追加などの対応をさせていただいております。

 

抜歯後の痛みや腫れについてですが、

ほとんどの場合は、お薬さえ飲んで頂ければ、痛みも腫れもほとんどありません。

お薬を飲んでいても痛かったり、ボンと腫れたりするのは、

20人~30人に1人位の割合だと言われています。

 

とはいえ自分がその1人になる可能性はありますので、

頭にだけは入れておいていただければ、と思います。

 

抜歯については口腔外科ページもご参照ください。

 

 

親知らずは抜いたほうがよいのですか?

親知らずに関しては、生え方や状態によって考え方が変わってきます。

 

上下共に真っすぐ生えてしっかりと咬んでいて、

特に歯肉のかぶりなどもなく、虫歯にもなっていなければ、

抜く必要はないかと思います。

 

その場合はしかりとしたプラークコントロールを行い、

虫歯や歯周病にならないよう、歯を守って行きましょう。

 

しかしもしも親知らずが

① 傾いて生えていて手前の歯に当たる角度になっている

② 中くらいの虫歯になってきている

③ 歯肉がかぶって歯肉炎の症状が出ている

等の場合は抜歯を行った方が良いとされています。

 

まず①の場合は、

手前の歯に刺さるような角度になってしまっているため、

親知らずと手前の歯の間に汚れがたまりやすく、

手前の歯が虫歯になってしまいやすい、あるいは来院時に既になっている場合が多いからです。

 

傾いている親知らずは基本的には無くてもよい歯、+の働きはしていない歯ですので、

手前の歯がやられるリスクがあるのであれば、先に抜いておいてあげた方がよい、

という考え方です。

 

 

②に関しては、既に虫歯になっているケースですが、

やはり親知らずは一番奥で磨きにくいため、

虫歯になりやすいのです。

その場合、今回治療を行っても、また悪くなる可能性が非常に高く、

その時に手前の歯との間に虫歯ができてしまい、手前の歯がやられてしまう可能性もあるため、

手前の歯を守るために、特に無くてもよい親知らずは抜いておく、という考え方です。

 

 

③も同様で、歯肉がよく腫れたりする(智歯周囲炎)ということは、

やはり②と同様に、その周囲に汚れがたまりやすい、ということです。

そのため、一旦は消毒などで腫れを抑えたとしても、また成る可能性が高く、

その時に手前の歯が虫歯などにならないようにするため、抜いておく、という考え方です。

 

 

まずはどれくらいの角度なのかなどをしっかりと診断する必要があるかと思いますので、

レントゲン診断などからさせていただければ、と思います。

 

親知らずの抜歯に関しては、口腔外科ページもご参照ください。

 

顎関節症の治療方法はどのようになります?歯医者さんで治せますか?

口を開けると顎の関節が音が鳴り、かみ合せが悪くなった、とのことですが、考えられる診断名として多いものに、顎関節症というものがあります。

 

顎関節症の原因には、かみ合わせや姿勢、生活習慣など、さまざまなものが考えられます

その中でも、かみ合わせからくる顎関節症の場合は、歯科医院で治すことが可能です。

 

実際の治療手順としては、一度診察を受けていただきレントゲンなどの検査を行いマウスピースというかみ合わせを調整する道具を作成いたします。

 

そしてマウスピースでかみ合わせを調整することで、その人の顎関節症の原因がかみ合わせであるかどうかを3週間くらいかけて調べます。

 

かみ合わせが原因である場合は、このマウスピース治療で症状が改善されます。
症状の改善が見られた場合は、かみ合わせの治療に移っていくのですが、その方法には大きく分けて下記の3通りあります。

 

①咬合調整:口腔内にて、あたりのバランスの悪いところを研磨などを行います。
②詰め物やかぶせ物の修正、もしくはやり直し:め物やかぶせ物を治すことでかみ合わせのバランスを良くします。
③矯正治療:並び自体を治す治療です。

 

これらを症状や状態に合わせて行っていきます。

 

また、マウスピースで改善の見られない場合、つまりかみ合わせ以外の原因から顎関節症になっている場合、

一度大学病院などで精密検査をおすすめすることもあります。

 

まずは一度診察を受けられて、マウスピースにて、かみ合わせに原因があるかどうかを調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

顎関節症に関しては、咬み合わせ治療のページもご参照ください。

メールで相談する(無料)インターネットでのご予約はこちら
コンテンツメニュー
診療時間
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:00       

※定休日は、日曜日・祝日です。

開院 開院 閉院 閉院 



〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874


link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

診療案内