豆知識
トップ豆知識>審美・ホワイトニング

豆知識

イーマックスインレーについて

歯科に使用される材料というのは、年々改良が加えられ、審美性や機能性、耐久性などもどんどん向上しています。とくに多くの患者さんが施術を受ける機会があるインレーやクラウンについては、進歩が目覚ましく、イーマックスインレーと呼ばれる素晴らしい補綴装置も普及しつつあります。ここではそんなイーマックスインレーについて詳しく解説します。

 

1.インレーとは

 

インレーという言葉には、あまり馴染みがないかもしれませんが「つめ物」と聞くと、どんなものかすぐにイメージできるかと思います。虫歯治療の際に用いられる補綴物で、虫歯を削ることで生じた溝を埋めることを目的としています。奥歯の虫歯に適応されることが多く、保険診療では金属製のインレーが作られることがほとんどといえます。

 

2.保険ではなぜ金属のインレーが作られるのか

 

保険診療では、最小限の費用しかかけることができませんので、材料費も安く抑える必要があります。金属製のインレーというのは、比較的安価な歯科用合金が使用されていますので、保険を適用することが可能となっています。ただ、保険適用の金属製インレーでは、審美性があまり良くないため、治療に満足できない患者さんもたくさんいらっしゃいます。そんな方にお勧めなのがイーマックスインレーです。

 

3.イーマックスインレーとは

 

イーマックスインレーとは、インレーを構成する素材がすべてセラミックです。セラミックは白くて光沢があり、その性質も天然の歯に非常に近いといえます。そのため、審美歯科治療ではセラミックを活用する場面が多く見られます。

 

4.イーマックスインレーの優れた点

 

審美歯科治療では、従来からジルコニアやセラミックなどを活用したインレーが作られてきましたが、イーマックスインレーはとりわけ審美性が高い歯のつめ物といえますので、審美性を重視される方にはうってつけの補綴物です。例えばジルコニアを用いたインレーと比較すると、強度の面ではイーマックスインレーの方が劣りますが美しさに関しては最高レベルです。また、素材の柔軟性なども歯質に近いため、ものを噛んだ時などにインレーが破折しにくいなどのメリットも挙げられます。

 

5.費用はどのくらい?

 

イーマックスインレーによる治療は、自費診療となりますので、歯科医院によって治療費が異なります。それでも大まかな相場としては、4万円以上はかかるものとお考えください。一方、ジルコニアのインレーとなると、6万円以上かかることが多く、費用の面でもイーマックスインレーの方が選択しやすいといえます。

 

6.奥歯の審美性を向上させる必要があるの?

 

奥歯というのは、比較的目立ちにくい部位であるため、銀歯にしてもそれほど審美性が害されるわけではありません。そのため保険診療では、前歯の治療には金属を使わないものの、奥歯に対しては金属材料でインレーやクラウンを製作することが多いのです。ただ、審美性の要求が高い人にとっては、奥歯でもそこに金属が詰められていたり、被せられていたりしたら気になるものです。確かに、大きな口を開けて笑った際、意外に奥歯の金属というのは目立つことがあるのです。そういったニーズもあることから、イーマックスインレーのような審美性の高い歯のつめ物が開発されているといえます。

 

7.まとめ

 

イーマックスインレーは、審美性や柔軟性に優れ、ジルコニアと比較すると治療費も安価であることから、治療法として選択する患者さんが増えてききています。そんなイーマックスインレーについてさらに詳しく知りたい方は、歯科医院でカウンセリングを受けてみてください。

歯の土台をファイバーコアにするメリット

歯の根っこにまで虫歯が進行した症例では、コアと呼ばれる歯の土台を作る必要が出てきます。この土台の上に、いわゆるクラウン(被せ物)を装着するのです。従来コアというパーツは、金属で作られることが多いのですが、最近ではファイバー樹脂製のコアも広く活用されるようになってきました。ここではそんなファイバーコアのメリットについて詳しく解説します。

 

  • 歯質と一体化しやすい

 

ファイバーコアは、メタルコアよりも比較的歯質に近い性質を持っています。そのため、設置した際には歯質と一体化しやすい傾向にあります。一方、メタルコアは文字通り金属で作られていますので、当然のことながら歯質とは一体化しにくいですので、接着剤による機械的接着に頼ることとなります。

 

  • 歯根が割れにくい

 

私たちがものを噛む際には、とても強い力が歯にかかります。天然の歯であれば、歯冠から歯根まで一体化しているだけでなく、歯の神経や歯根膜なども正常に働いていますので、咀嚼に圧力を上手く緩和できますが、クラウンなどの人工歯となると話は別です。とくにメタルコアは、歯質との接着性があまり良くないため、一体化しないことがあります。そうなると、歯の中心に金属の棒が入っているような状態となり、それがくさびの役割を果たして歯根を割ってしまうことも珍しくはないのです。

 

  • 弾力性が天然の歯に近い

 

ファイバー樹脂の弾力性は、金属よりも天然の歯に近くなっています。これはとても大事な要素で、例えば歯に大きな力が加わった際に、異なる弾力性の部分が存在したらどうなるでしょうか。非常に硬く弾力性が低いメタルコアの部分が圧力を吸収せず、人工歯や歯質の部分に過剰な負担がかかることになりますよね。その結果、人工歯や歯質が割れてしまうのです。

 

  • 腐食しない

 

金属で作られたメタルコアは、経年的に劣化したり、唾液の成分によって腐食したりしますが、ファイバーコアその心配がありません。なぜなら、ファイバー樹脂のみで作られているからです。

 

  • 歯茎への着色がない

 

メタルコアには銀が含まれているため、唾液などによって銀イオンが溶出することがあります。それが歯茎へと沈着すると、メタルタトゥーと呼ばれる症状が現れるのです。ファイバーコアには当然、銀などの金属が含まれていませんので、メタルタトゥーが生じることもありません。

 

  • 金属アレルギーが生じない

 

メタルコアの場合は、歯茎への着色だけでなく、金属アレルギーの発症というリスクも存在します。ファイバーコアを用いれば、金属アレルギーの心配もなくなります。

 

  • 見た目が良くなる

 

コアをメタルで作成すると、結果的に人工歯から金属の色が透けて見えることがあります。その結果、審美性が低下するというデメリットが生じます。一方、コアをファイバー樹脂で作成した場合、人工歯から透けて見えるようなことがないため、本物の歯に近い美しさを再現することが可能となります。

 

  • 歯質削除量が少ない

 

ファイバーコアとメタルコアでは、前者の方が歯質の削除量が少なくて済みます。歯質は一度削ってしまうと、もう二度と元に戻すことはできませんので、削除量が少ないに越したことはありません。また、歯質を多く残せるほど、歯の寿命も長くなりますので、削除量の違いは非常に大きいといえます。

 

  • まとめ

 

このように、歯の土台となるコアの部分に、メタルではなくファイバーを使うメリットは多数存在します。歯茎への着色や金属アレルギーの防止など、避けることのできる副作用も多いため、非常に優れた治療法といえます。

 

差し歯による歯茎の変色(メタルタトゥー)は、元に戻せますか?

差し歯の材料に金属を使うと、歯茎に変色が起こることがあります。これはメタルタトゥーとも呼ばれる現象で、銀歯による治療を受けた際のひとつの弊害といえます。そんなメタルタトゥーは当然、見た目が良くないので、症状を改善したいという方が多いです。

 

  • なぜメタルタトゥーが生じるの?

 

口腔内は、常に唾液によって高湿度が保たれていますし、日々摂取する飲食物によって様々な刺激が発生しています。銀歯は、そうした劇的に変化する環境下に置かれると、表面が溶け出したり、劣化したりするため、歯茎への着色や金属アレルギーといった症状を引き起こします。つまり、歯茎に沈着した金属色は、溶けだした銀歯の一部なのです。

 

  • メタルタトゥーは有害?

 

歯茎の着色であるメタルタトゥーは、審美性を害しているという点で有害といえます。昨今では、奥歯でもセラミック製の白い歯を入れて、審美性を高めるような治療を行うくらいですから、歯茎が金属色に変色するのは、患者さんにとって有害な症状といえます。

 

また、それだけ銀歯の成分が溶け出しているということは、金属アレルギーを発症するリスクも高まりますし、銀歯そのものの劣化も危惧されますので、その他にも様々な弊害が生じる可能性が高いといえます。

 

  • メタルタトゥーの改善法

 

メタルタトゥーは主に2つの方法で改善することができます。

 

1 ケミカルガムピーリング

 

ケミカルガムピーリングとは、エタノールなどの薬剤を用いて歯茎の新陳代謝を正常に戻す処置です。簡単にいうと、金属の溶解成分が沈着している歯茎の層をはがして、正常な層へとターンオーバーさせる処置法です。これによって、メタルタトゥーの症状は改善し、歯茎本来のピンク色へと戻っていきます。施術後1~2週間で効果が現れてきます。

 

2 レーザーガムピーリング

 

レーザーガムピーリングとは、レーザーを使ったメタルタトゥーの改善法です。美容外科などで皮膚のメラニン色素を除去するメカニズムと同じで、レーザーによって金属の着色を取り除きます。痛みは少なく、1~2回の施術でメタルタトゥーの症状が改善していきます。

 

  • 根本的な原因を取り除く

 

歯茎に沈着した金属色は、ガムピーリングによって改善できますが、根本的な原因を取り除かなければ、再びメタルタトゥーの症状が現れます。つまり、今現在装着している銀歯を別の材料に置き換える必要があるのです。

 

  • メタルタトゥーの心配がない材料とは

 

歯科では、金属以外の材用としてレジンやセラミックなどが使われています。これらの材料は、基本的に歯茎の着色の原因にはなり得ません。また、金属アレルギーを発症することもないため、そうした症状を心配されている方にはうってつけの材料といえます。とりわけ、銀歯のように奥歯の人工歯として用いる場合は、セラミックがお勧めです。なぜなら、レジンというのは金属やセラミックと比較すると軟らかく、破損しやすいからです。奥歯には、ものを噛んだ時にとても強い力が加わりますので、丈夫な材料で人工歯を作ることが望ましいのです。

 

  • セラミックによる治療について

 

多くの歯科医院では、既に装着している銀歯をセラミック製の歯に置き換える治療を行っています。装着されている銀歯を取り外し、前処置や型取りなどを行って、セラミック製の被せものを作ります。数回の来院が必要になりますが、銀歯からセラミックの歯に置き換えることで、歯茎への着色を防止できるだけでなく、審美性も格段に向上しますので、非常に満足度の高い治療法といえます。

歯が着色しないようにするには、普段どう気を付ければいいですか?

昨今、日本人の虫歯の数は順調に減ってきています。それだけに、虫歯という病気ではなく、歯の審美性に悩みを抱く人が増えてきました。これはとても良い傾向といえます。なぜなら、審美性に気を使うことは、結果として虫歯や歯周病予防にもつながっていくからです。ここでは特に歯の着色について、発生する仕組みや予防法を詳しく解説します。

 

  • 歯は真っ白な組織ではない?

 

歯の着色を気にされている方は、普段から鏡で歯の色を確認されていることかと思います。その変化に気づき、着色をどうにかしたいと悩まれているのでしょう。そこまず前提として、歯という組織は真っ白ではないということを知っておいてください。

 

  • 象牙質が透けて黄色みがかっている

 

歯の表面には、エナメル質という半透明の硬い組織が存在しています。その下に、象牙質と呼ばれる黄色みがかった組織が隠れています。ですから、健康な歯というのは、本来少し黄色みがかっているのです。これは半透明のエナメル質から象牙質が透けて見えるからです。そのため、真っ白な人工歯を口腔内に装着すると、逆に違和感が生じますので注意が必要です。あるいは、着色に悩まれている方は「とにかく歯を真っ白にしたい」という考え方ではなく「歯が持つ本来の白さへと戻したい」と考えるようにした方が良い結果が得られるかと思います。

 

  • 歯の着色の原因と予防法

 

歯が着色する原因は、以下に挙げるようにいくつか存在しまず。

 

1 食べ物や飲み物が原因

 

カレーやコーヒーなど、食品そのものが着色性を持っている場合、歯に色素が沈着することによって着色が生じます。これらを防止するには、普段から着色性の強い飲食物を避けることが一番です。とりわけ、コーヒーや紅茶を毎日飲む習慣がある方は、1日に飲む回数を減らしたり、別の飲み物で代用したりしましょう。コーヒーカップやティーカップを見てもわかる通り、これらの着色性は非常に強いです。

 

2 虫歯が原因

 

虫歯が原因でも歯の着色が起こります。虫歯になると、エナメル質や象牙質が軟らかくなったり、欠けたりしますので、そこへ着色性の物質が沈着するのです。こういったケースでは、とにかく根本的な原因の虫歯を治療する必要があります。虫歯を削って、詰め物なり被せ物なりを装着することで、着色が抑えられます。

 

3 口呼吸が原因

 

口呼吸をしていると、口腔内が乾燥します。すると、唾液による自浄作用が低下するため、着色性物質が歯面に残留するのです。ですから、普段から口呼吸をしている人は、鼻呼吸へ移行することをお勧めします。口呼吸は、歯の着色だけでなく、様々なお口のトラブルを引き起こす原因となりますので、早急に改善していきましょう。

 

  • ブラッシングをしっかり行う

 

ブラッシングが不十分だと、歯垢や歯石が堆積します。また、着色性物質も歯面に残りやすくなりますので、普段からブラッシングを徹底することが大切です。また、デンタルリンスなども活用することで、口腔内を衛生に保つよう心がけましょう。

 

  • 不適切なブラッシングは逆に着色を招く?

 

毎日ブラッシングをしっかり行っていても、その方法が不適切だと逆に着色を招くことがあります。具体的には、硬い歯ブラシで無闇にゴシゴシと強く磨いていると、歯の表面に無数の傷ができ、そこへ着色性物質がたまりやすくなるのです。エナメル質はとても硬い組織ですが、強力なブラッシング圧によって傷がつきやすい傾向にあります。

 

  • 歯科医院で正しいブラッシング法を学ぶ

 

歯を傷つけない適切なブラッシング法は、歯科医院で学ぶことをお勧めします。歯科医院では、あなたに合った最良のブラッシング法を提案してくれます。

ホワイトニングって危なくない?知っておきたいメリットとデメリット!

歯というのは見た目に非常に大きな影響を与え、歯の色は特に清潔感を左右する非常に大きな要素として知られています。歯の色を綺麗に見せるためには歯の色を美しくするホワイトニングが欠かせません。ホワイトニングについての基礎知識と歯科医院の選び方を熟知しているとホワイトニングを受けるときに、安心して自分にあった治療を受けることができます。ホワイトニングの基礎知識を身につけ、納得のいく治療を受けるようにしましょう。

 

 

 

1ホワイトニングとクリーニングって何が違う?

 

 

ホワイトニングとクリーニング、どちらも歯を綺麗にする働きがあるのですが、それぞれどのように異なっているのか皆さんはご存知でしょうか。クリーニングというのは歯科クリニックで歯を綺麗に磨いてもらう事を言い、歯石の除去をしたり、お口の中の汚れである歯垢を落とす事で虫歯の予防や歯周病の予防をすることができます。施術自体は痛みも無く、定期的にクリーニングを受けると歯に着色した汚れも落とされて歯が少しずつ白く変化していきます。

 

一方、ホワイトニングは施術の内容が異なっています。ホワイトニングは歯に漂白剤を付着させ、少しずつ歯に染み付いた汚れを落としていく方法で、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングという2種類の方法がある治療法です。ホームホワイトニングはデンタルクリニックで歯医者の治療を受けるわけではなく、マウスピースを作成して漂白剤をお口に作用させる方法で、毎日歯医者が作成したマウスピースに漂白剤を流し込み、歯にはめて色を白くしていく治療法です。時間こそかかりますが、歯の色調をもとに戻すのに非常に役立ち、歯の内部にまでしみ込んだ汚れまで綺麗にできるのが特徴です。

 

オフィスホワイトニングはホームホワイトニングと異なり、治療の時間はあまりかかりません。予約をとり、その日のうちに治療が完了するので非常に手軽にできる治療法で、歯の表面に漂白剤を塗布し、特殊な光を照射することでホワイトニング効果が得られるので歯の着色に不快感がある方は一度利用を検討してみるといいかもしれません。

 

 

 

2ホワイトニングのメリット・デメリット!

 

 

ホワイトニングはメリットもあるのですが、残念ながらデメリットもある治療なので、一概に全ての人が利用できると考えてしまうと誤りです。歯が白くなるというメリットは多くの方が求めるメリットの一つで、綺麗な歯を手に入れ審美的にも非常に大きなメリットを得ることができる治療の一つです。しかし、ホワイトニングを続けてしまうと知覚過敏になってしまい、冷たいものが歯にしみたり温かいものを食べた時にお口に強い違和感を覚えてしまうことがあります。

 

完全に歯に悪影響を与えないというわけではないので、小児の方は治療を受けることができません。同様に歯の矯正治療を受けている最中の方もホワイトニングを受けることができないので、ホワイトニングを希望した時には矯正治療を中断するか、矯正治療を行う前後に受けることが重要なのです。

 

 

 

3ホワイトニングの治療費用

 

 

ホワイトニングの治療費用はオフィスホワイトニングとホームホワイトニングでわずかに異なります。まず、オフィスホワイトニングを受ける場合にはコースの内容や紹介の有無などによって異なりますが、だいたい一人15000〜40000円程度かかることが一般的です。何回施術を受けるか、メンテナンスの費用もどれくらいかかるのかによってトータルの費用が変わってくるので、わからないことはスタッフに確認するようにしましょう。

 

ホームホワイトニングの場合には大体最初に15000〜30000円程度かかり、その後ホワイトニング材を追加で購入するたびにおよそ5000円前後かかることが一般的です。ホワイトニングの効果を実感するためには大体1ヶ月程度ホワイトニングを続ける必要があるので、自分の歯が色彩変化のどのような段階にいるのか、目標とする歯の色まであとどれくらいかかるのかと専門のスタッフの相談をしながら治療を継続していく必要があります。

 

 

 

4ホワイトニングに特化した歯科医院の選び方!

 

 

ホワイトニングに特化した歯医者を選ぶ時には、まずホワイトニングに特化した専門のスタッフがいる歯科医院を選ぶのが重要です。どのような歯科医院がいいか困った時にはホワイトマイスターやホワイトエッセンスなどのホームページを使って歯医者を探すと自分にあった歯医者を探しやすいので、患者さん自身でしっかりと選ぶようにすると効率よく歯医者を探すことができます。

 

ホワイトニングの診療に特化した歯科医院ではインプラント治療と合わせてホワイトニングを行うことで歯の色調だけでなく噛み合わせや食べ物を噛む昨日までしっかりと治療を行うことができます。被せ物の色が歯と合わなくなるといった不安にも対処できるので、しっかりと納得の行く治療を受けるよう、ホワイトニングの治療を受けるときには適切な診療を行える歯医者を探すことが何よりも重要なのです。

 

ホワイトニングは費用もある程度かかるものなので、ホワイトニングのカウンセリングや、施術後のメンテナンスまでしっかりと応対してくれる歯医者を探すと追加のホワイトニングを希望する時にも安心して任せることができますし、ホワイトニングの治療で浮かんだ疑問も専門家にすぐに相談ができます。安心して治療を受けられるよう、患者さん自身がしっかりとクリニック選びをするようにしましょう。

白い歯を手に入れたい人必見!ホワイトニングの魅力を紹介!

綺麗な歯というのはみなさん誰もが憧れるものではないでしょうか。美しい白い歯が手に入るとそれだけで笑顔を作るのが楽しくなったり、人と会うときに不安を抱かなくてすみます。もちろん恋人に美しく見られるためにもこの歯の美しさを欠かすことができません。歯を白く、美しく見えせるためのホワイトニングについてしっかりと知識をつけておきましょう。

 

1.ホワイトニングって何?

 

私たちの歯は実は毎日の食生活や生まれつきの原因で歯に色がついています。このため、前歯の部分が黄色くなったり、灰色に着色していたりと人によって歯の色に大きな個人差があるのです。歯の色というのは非常に大きな影響力があり、清潔感や見た目の印象に関わる非常に重要な要素として知られています。このような歯の着色が気になるかたの救世主として知られているのがホワイトニングです。ホワイトニングをすると歯を美しく白く保つことができます。歯の着色でお困りの方はホワイトニングを検討するのがいいかもしれません。

 

2.歯の着色の原因を知ろう

 

歯の着色はいくつかの原因があり、それぞれに適切な対処をしなければなりません。一度歯の着色の知識をつけておくとホワイトニングを行うときにも役立ちます。しっかりと知識をつけましょう。

 

・食品

食事による歯の着色は実はほとんどの日本人が経験しているものです。歯の色は多くの場合、カレーや紅茶などの色が強い食品の色が付着して起こるもので、この着色は一度ついたらなかなか落とすことができません。このため、歯に着色させないためにも食後の歯磨きが非常に重要なものとなってきます。特に注意したいのが紅茶です。紅茶の中にはタンニンという渋みの成分があり、このタンニンが着色すると歯が黄色くなったり、茶色いシミになったりします。このため、歯の着色が気になる方は歯の色をしっかりとみて、食事を見直す必要があるのです。

 

・お薬の原因

 生まれつき歯の色が灰色に変色していることがあります。これはお母さんのお腹の中にいるときにテトラサイクリンという種類のお薬をお母さんが服用することで起こる歯の着色で、生まれる前から歯が変色しています。このお薬による変色はなかなかホワイトニングでも治すことができないので、お薬を服用しなければならない時には医師と相談しておくのがいいでしょう。

 

しっかりと着色の原因を理解すると対策を容易にたてられます。原因についての知識は非常に重要なものなのです。

 

3.ホワイトニングをするときにはやり方が2種類!

 

ホワイトニングは一般的にオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があり、どちらも非常に人気があります。食品による着色はほとんど解決することができるので、それぞれのやり方をご紹介します。

 

・オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院でホワイトニングの治療をするもので、歯に漂白剤を塗布し、特殊な光をあてることでホワイトニングの効果を引き起こします。オフィスホワイトニングは歯科医院で短時間の治療を受けることで完了するので、着色をすぐに落としたい方に向いている治療法です。歯の内部に浸透した色素成分までしっかりと落とすのには向かないので、あくまでも表面に見える色素を綺麗にする程度に考えておくといいでしょう。効果をすぐに確認したい方にオススメの方法です。

 

・ホームホワイトニング

ホームホワイトニングでは小さいマウスピースを作成し、毎日漂白剤を入れて歯にはめ込みます。この方法では毎日歯にマウスピースをつけ続けなくてはならないので、時間はかかりますが、そのぶん少しずつ内部の着色まで綺麗に落とすことができます。この間、カレーや紅茶などの着色の原因になる食事は避けなければいけませんが、効果は非常に期待できます。ホームホワイトニングは漂白剤を追加すればさらに歯を白くすることができるので、ホワイトニングを長期間しっかりと行い、白くて美しい歯を希望されている方は検討してみるのがいいかもしれません。

 

ホワイトニングを行なっている間には知覚過敏などの不快な症状が出てきますが、こちらには洗口剤を使うことで対処ができます。しっかりと歯医者さんと相談しながらホワイトニングを進めていきましょう。

 

4.ホワイトニングまとめ!

 

テトラサイクリンによる着色はなかなかホワイトニングでは綺麗にできません。このような場合にはポーセレンラミネートベニアという治療法やレジンという材料を使って歯を美しくコーティングする治療を行うことができます。ホワイトニング以外の手段もかなりたくさんあるので、歯の着色でお困りの方は一度歯医者で診察を受け、相談してみるといいかもしれません。歯の美しさが変わると笑顔の印象が変わり、非常に生活が楽になります。これまで歯の着色でお困りだった方は是非一度歯医者に相談して綺麗な歯を取り戻すようにしてみましょう。

メールで相談する(無料)インターネットでのご予約はこちら
コンテンツメニュー
診療時間
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:00       

※定休日は、日曜日・祝日です。

開院 開院 閉院 閉院 



〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874


link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

診療案内