豆知識
トップ豆知識>その他

豆知識

治療をしたのに綺麗な歯?メタルフリー治療で美しい歯を取り戻そう

歯医者さんで治療を受けるときに気になるのが見た目の問題です。前歯の治療ではなおのことですが、実は奥歯の治療であっても治療後の色調が不自然だと笑ったときに違和感を与えてしまうことがあります。実は歯科治療では綺麗な歯を治療によって金属に置き換え、不自然な治療を施すことが問題視されていて、最近ではメタルフリー治療が頻繁に行われるようになってきました。歯科治療で行われるメタルフリー治療について一度詳しくご紹介します。

 

1.歯科治療で使う材料を知っておこう

 

歯科治療では様々な材料を利用します。実はこの材料の性質を理解しておくと歯の治療の選択に非常に役立つことがわかっていて、歯科治療を成功に導く上でも材料の知識は欠かすことができません。一度しっかりと知識をつけておきましょう。

 

・金属

歯科治療ではゴールド・チタン・銀・クロムなど様々な材料を使って治療を進め、実は長らくこの金属による治療が主流となっていました。金属というのは材料的には非常に便利なものなのですが、自然な歯の色調からかけ離れているので、どうしても不自然さが際立ってしまいます。材料的には非常に丈夫で長持ちするのが特徴で、現在でも必要に応じて金属を利用した治療が広く行われています。

 

・レジン

レジンというのはいわゆるプラスチックのような材料です。プラスチックといっても非常に色調が歯に似ていて、お口の中で形を整えたり、お口の中で自然な歯に似せて作ることができるので人気があります。レジンは最近になりその性質が非常に進歩していて、ほとんど本物の歯と見分けがつかないような治療が可能になっている非常に優れた材料です。レジンを使った治療を検討されている方が年々増えるほど優れた材料なので、利用を考えてもいいかもしれません。

 

・セラミック

セラミックの材料はレジンと異なり陶器で出来ている材料です。セラミックは美しさがあり、レジン以上に綺麗な歯を作るときにはセラミックを検討するのがいいのですが、硬さがあるので、噛み合わせにぶつかる歯を削ってしまうことがあります。また、破損した時の修復が難しく、壊れてしまった時の修復を考えるとレジンに軍配が上がります。

 

様々な材料がありますが、どの材料もそれぞれメリットがあり、見た目だけを考えて材料を選ぶのは禁物です。歯医者と一緒に相談しながら選ぶようにしておきましょう。

 

2.金属を使わない治療が浸透している

 

歯科治療は見た目の美しさを非常に重視する治療なので、最近になり金属を使わないレジンやセラミックを使った治療が浸透しています。特に注目したいのがレジンです。

 

最近開発されているレジンはハイブリッドレジンという材料を複数組み合わせたものが使われていて、硬さが十分にあり、美しさも十分に保証されているものが多数使われています。レジンは接着剤が進歩したことで虫歯の治療で大活躍していて、最近では見た目の改善のために金属の詰め物を取り外してレジンに置き換える治療が広く浸透するようになってきました。奥歯が綺麗になるだけでも実は多くの変化があり、金属を使わないメタルフリー治療に参入する歯医者が数多くいます。

 

メタルフリー治療は見た目の美しさと機能性の両方を兼ね備えている非常にいい選択肢です。これから治療を受ける方はメタルフリー治療を考えてみるといいでしょう。

 

3.メタルフリー治療にはこんなメリットも

 

実はメタルフリー治療には見た目の美しさ以外にも嬉しい要素があります。金属を使わない治療なので、歯茎の変色を引き起こすメタルタトゥーや金属アレルギーなどの厄介なトラブルを回避できるメリットがあるので、実は見た目以外の理由でもメタルフリー治療を選択する意義があります。

 

金属アレルギーは手足に水疱ができてしまったり、人によっては痛みを伴う掌蹠膿疱症という病気を引き起こす原因になることもあります。メタルタトゥーになってしまうとなかなか元に戻すことができず、歯茎を切開して着色した組織を除去する手術を受けなければ綺麗に戻すことができません。メタルタトゥーの治療はかなり大掛かりなものなので、そもそもメタルタトゥーが起こらないように注意しなければならないのです。

 

金属を使った治療は必ずしも悪いものばかりではなく、メリットもあります。しかし不必要に金属に頼ってしまうのはいいものではないので、金属を使わない治療を考え、必要に応じて金属を利用するようにするといいでしょう。

 

 

4.メタルフリー治療まとめ!

金属を使わないメタルフリー治療は見た目に与える影響も小さく、全身に与える影響も少ない優れた選択肢です。金属を使わないというのは材料の丈夫さに不安があるかもしれませんが、最近の材料の性質の改善は非常にめざましく、丈夫さもかなり確保できています。金属に頼らないメタルフリー治療を検討されている方は是非一度歯医者さんに相談してみましょう。

ナイトガードって何?知らないと損をするナイトガードの魅力

歯ぎしりが続いてしまうと顎関節症や歯のすり減りなど、様々な問題を引き起こしてしまいます。顎の痛みや歯のすり減りは実は後々にも大きな問題を引き起こすので、歯ぎしりに対して適切な対処をしなければなりません。歯ぎしりはみなさんが想像している以上に厄介なものです。一度歯ぎしりの対処に必要なナイトガードについて詳しく理解しておきましょう。

 

1.歯ぎしりとは?

 

歯ぎしりというのは夜寝ている間に無意識に歯を食いしばったり、歯を横にこすり合わせ、ギシギシ、ガリガリと顎に強い力を加えてしまうことをいいます。歯ぎしりが起こるのは小さい頃からで、実は大人になってから急に歯ぎしりが起こるというのは滅多に起こりません。このため、歯ぎしりがある人は小さい頃から歯ぎしりが続き、小さい頃から歯や顎に大きな負担をかけてしまうのです。このため、歯ぎしりを指摘されている人は一刻も早く歯ぎしりが顎にかける負担を解消し、歯の状態や顎の状態を常に気をつけなければならないのです。

 

 

2.歯ぎしりでお困りならナイトガードを利用しよう!

 

歯ぎしりというのは原因が不明瞭なので、実は歯ぎしりを根本的に解決する方法はありません。このため、歯ぎしりを直接直そうとするのではなく、歯ぎしりによる顎の負担を軽減するナイトガードを利用するのが一般的な対処法なのです。ナイトガードはいわゆるマウスピースなのですが、スポースで使うマウスピースと異なりやや柔らかい材料で作られています。このため、夜中に歯ぎしりをしたとしても顎の関節に大きな負担をかけたり、歯がすり減るのを防いでくれます。顎の負担が軽減されると顎関節症などの疾患を引き起こさなくて済みますし、歯がすり減ることで歯の寿命が短くなるのを防ぐこともできます。

 

歯ぎしりはこのほかにも歯並びに悪影響を与えたり、ブリッジやクラウンなどの破損の原因になったりと放っておくとかなり厄介なことが起こります。ナイトガードを使うだけでこれらの問題を解決できるので、歯並びでお困りの方はナイトガードを作るようにしましょう。

 

3.ナイトガードを作るには

 

ナイトガードを作るにはまず歯医者に行って型をとります。歯型自体はすぐにできるので、一度歯医者に出向くだけで歯型の作成はすみます。この歯型を元にナイトガードを作るのですが、これに大体1週間程度かかり、都合2回歯医者に出向いてナイトガードの作成を行う必要があります。

 

最近のナイトガードは材料が改善されたり、作成技術が向上したことでかなり装着感が良くなっています。早ければ1週間程度でナイトガードを作成することができるので、歯医者でナイトガードを作るように心がけておきましょう。

 

 

4.歯ぎしりは放置厳禁!

 

歯ぎしりは病気ではないので、放置してしまうことがあるのですが、歯ぎしりは放置しておくと様々なトラブルを引き起こします。

 

・顎関節症

顎の関節というのは非常に特殊な関節で、顎が蝶番のように運動するだけでなく、関節自体が前後に移動して顎の運動を助けているので、顎はかなり特殊な運動をしているのです。このため、顎の周囲には顎を閉じるだけで4種類の筋肉を使い、このほかにも顎を開けるための筋肉など様々な筋肉を使って顎は運動していて、この筋肉や関節に炎症が起こってしまうのが顎関節症です。筋肉周囲の炎症は歯ぎしりなどの顎への負担が原因と言われていて、顎関節症になってしまうと生活にも大きな弊害になります。注意しておきましょう。

 

・歯並びの悪化

矯正歯科の治療では歯に力をかけて少しずつ歯を移動する治療を行うのですが、実はこれは歯ぎしりなどの顎への負担によっても同じような現象が起こります。歯ぎしりが原因で顎に長時間力が加わり続けてしまうとやがて歯が移動を繰り返してしまい、歯と歯の間に隙間ができてしまいます。歯ぎしりをお持ちの方は歯がすり減ることがあるので、健常な状態よりも噛み合わせが深くなってしまい、しっかりと対処しなければ歯が折れてしまう原因にもなってしまいます。折れ方によっては歯を抜かなければならない場合もあるので、注意しましょう。

 

ナイトガードを使うだけでこれらの歯ぎしりが原因のトラブルを防ぐことができます。歯ぎしりでお困りの方は、できるだけ早めにナイトガードを使うように心がけておきましょう。

 

5.ナイトガードまとめ

 

歯ぎしりは原因がわからないので、適切な対処が重要になってきます。歯ぎしりがあったとしても顎に負担がかかったり、歯に負担がかからなければほとんどの問題を解消することができます。顎のトラブルはなかなか元に戻すことができません。しっかりと歯ぎしりに対して適切な対処をすることが一番重要で、ナイトガードを適切に利用することを検討しなければいけません。

 

ナイトガード自体はすぐに作ることができるので、顎のトラブルでお困りの方は、必ず歯医者さんに相談するようにしましょう。

歯ぎしりって治るの?知らないと損をする歯ぎしりの注意点!

ギシギシ、ガリガリ寝ている間に出てくる歯ぎしり、実はこれは放置していると非常に困った問題を引き起こす危ない症状の一つとして知られているものだとご存知でしょうか?実は歯ぎしりを続けていると顎に負担がかかったり、歯に負担がかかったりと実はかなり多くの負荷が顎にかかってしまい、様々なトラブルを引き起こす原因になってしまうと言われています。歯ぎしりが引き起こすトラブルと対処法についてしっかりと知識をつけておきましょう。

 

1.そもそも歯ぎしりって??

 

歯ぎしりにはグラインディング・タッピング・クレンチングの3種類があり、多くの方がグラインディングというギシギシと横に歯を噛みながら動かす歯ぎしりを経験しているかもしれません。実は歯ぎしりがなぜ起こるのかという疑問に明確な答えは今の所得られていません。ストレスが関与するというのは一定の見解を得ているのですが、これ以外の様々な見解にはやや疑問を呈した方が良いという意見もあり、非常に原因が曖昧だと言われています。

 

歯ぎしりは原因が不明なので解消するのが難しく、解決策ではなく対処法をしっかりと理解しなければならないのです。

 

 

2.歯ぎしりが引き起こすトラブル

 

歯ぎしりはいくつかのトラブルの原因になると言われています。しっかりと歯科医学的な根拠のあるものをあげてみると以下のようなトラブルが知られています。

 

・歯並びの悪化

歯というのは力が加わると移動することが知られています。歯ぎしりなどで強い力が歯にかかりすぎているとやがて歯並びが変化してしまい、歯並びが悪化してしまいます。歯並びというのは虫歯や歯周病を予防するのに重要な役割を果たしていて、汚れが溜まりやすい悪い歯並びは一つのリスクファクターです歯並びが悪化しないように注意しておきましょう。

 

・補綴物の破損

歯ぎしりがひどいとブリッジの破損などを引き起こすことがあります。ブリッジやクラウンなどの補綴物は強い力で壊れることがあり、中には修理が難しい素材もあります。歯ぎしりの力は非常に強く、この補綴物が壊れてしまうとかなり厄介です。歯ぎしりをお持ちの方は注意をしておきましょう。

 

・歯のすり減り

歯ぎしりで注意したいのが歯のすり減りです。歯がすり減ってしまうとなかなか元には戻すことができず、実は歯の寿命も大きく減ってしまいます。歯ぎしりで歯がすり減るなんて気がつかないのは実は毎晩非常に少しずつ削れているからです。気が付いたら歯が大きく無くなっていたとなると大変なことです。歯ぎしりに適切な対処をして顎の負担を減らしていきましょう。

 

・顎関節症

歯ぎしりの負担が加わるのは歯だけではありません。実は顎を動かしている筋肉や関節にも大きな負担がかかり、顎関節症などの問題を引き起こす原因の一つに歯ぎしりがあると言われています。顎関節症になってしまうと顎の筋肉や関節に炎症が起こり、動かすだけで顎が痛くなってしまうので、食事にも悪影響をきたします。顎が開かないというのは非常に厄介なもので、生活にも支障をきたしますし、もちろん食事にも大きな弊害が出てしまいます。顎が痛い方は歯ぎしりがあるかどうかしっかりと確認をしましょう。

 

 

3.トラブルは解決できるものもある

 

歯ぎしりが引き起こすトラブルの中にはしっかりと対処可能なものもいくつかあります。対処法を理解しておきましょう。

 

・歯ぎしりへの対処

歯ぎしりの原因を解決するのは非常に難しく、まず歯ぎしりの負担を軽くする事が一番重要だと言われています。このため、夜寝ている間に使うナイトガードの利用が重要です。ナイトガードは柔らかい素材でできていて、歯ぎしりの負担を軽減する事ができます。これによって歯のすり減りを防いだり顎に加わる負担を小さくする事ができます。

 

顎関節症の一つの原因に顎への負担が挙げられます。ナイトガードを使って歯への負担を軽減する事で歯並びの変化も防げるので歯医者に相談してナイトガードを作成するように心がけておきましょう。市販のナイトガードを使われる方もいるのですが、市販品は歯の形に合わなかったり、材料に制限があるのであまり良い品質とは言えません。歯医者さんと相談して、しっかりと自分にあったナイトガードを作るようにしましょう。

 

・解熱炎症剤の服用

歯ぎしりが原因で顎関節症になってしまうと顎関節の周囲に炎症が広がり生活に大きな支障をきたしてしまいます。炎症を抑えるだけで痛みが少なくなり、生活の負担がかなり軽くなります。解熱炎症剤を歯医者に処方してもらい、痛みを解消しましょう。

 

4.まとめ!

 

歯ぎしりはかなり多くのトラブルを引き起こすので、適切な対処が重要です。ナイトガードを使うと歯ぎしりが原因で起こる様々なトラブルを防ぐ事ができます。歯ぎしりでお困りの方は必ず歯医者に相談し、しっかりと適切な対処法を身に付けるように心がけましょう。

 

口臭の原因って何?対策は?知っておきたい口臭の基礎知識!

口臭が起こってしまうと皆さんは困りませんか。口臭があるだけで人と会うのをためらってしまったり、誰かと近くのも気が引けてしまうはずです。実は口臭は原因と対策をしっかりと理解しておくことでかなり口臭を解消できます。しっかりと原因と対策を理解し、口臭のコントロールに役立てましょう。

 

1.そもそも口臭の原因とは?

 

皆さんはそもそも口臭がなぜ起こるかご存知でしょうか。実は多くの方が不快に思う口臭は日本酒やニンニクなどの食事によるものだけでなく、様々な原因があると言われていて、しっかりと原因を理解しなければいくら口臭対策を行っても徒労に終わってしまいます。一度口臭の原因について理解を深めてみましょう。

 

・食事

口臭の原因の代表格、それは食事です。ニンニクの匂いが強いものや、日本酒やビールなどの独特の香りを持つものはやはり周りの人にとってきになる匂いになってしまいます。食事の臭いというのは意外と周囲に伝わるものです。しっかりと注意しなければなりません。

 

・歯周病

口臭がひどい場合に注意が必要なのが歯周病です。実は歯周病というのは日本人の約80%の方が罹患している疾患として知られていて、多くの患者さんが歯を失う原因になっている非常に厄介な病気です。歯周病に罹患してしまうと不快な口臭を放ってしまうことがあり、この匂いは非常に人の鼻につく匂いなので注意が必要なのです。

 

口臭の中でも歯周病は非常に頻度が高い原因として知られていて、口臭を指摘された時にはまず歯周病になっていないかどうか確認することが必要です。歯周病になると糖尿病や血管の炎症など様々な全身への悪影響を与えることがわかっていて、歯科医療の中でも注目度の高い疾患です。皆さんも口臭を通じてしっかりと歯周病に注意しましょう。

 

・全身の病気

全身性の疾患の中には口臭が症状として現れる疾患があります。まず代表例が糖尿病です。最近ではここまで悪化することはあまりないのですが、糖尿病の患者さんの中には血糖値のコントロールが悪くなりケトン体という物質が体内で作られ、独特の甘い匂いのする口臭を持つ患者さんがいます。このような状態になってしまうとまずは病院に出向き血糖値の厳密なコントロールを受ける必要があるので、注意しなければなりません。

 

このほかにも消火器の疾患で口臭が症状として現れるケースがあります。胃食道逆流症などの病気をお持ちの方は食べたものが胃から食道に戻ってしまい、喉の違和感や咳の他に酸っぱい匂いのする口臭が出てきてしまいます。なかなか本人では口臭に気がつかないことが多いのですが、胃食道逆流症は食道がんを引き起こす一因として知られている疾患なので、気をつけなければなりません。

 

お腹が痛くなり、やがて口臭に変化があった場合には閉塞性疾患を疑う必要があります。腸の通過が悪くなることで起こる疾患で、症状が重い場合には口臭が変化してしまうのです。

 

・補綴物の異常

補綴物というのは入れ歯やクラウンのことで、補綴物が合わないことで口臭が出てきてしまうのです。入れ歯が汚れていたりブリッジやクラウンが合わないことで微生物が大量に繁殖し、不快な匂いを作り出します。この匂いが原因となり口臭が目立ってくるので注意が必要です。

 

口臭には様々な原因がありますが、どれもしっかりと対応をすれば症状が解消します。口臭に注意を払い、早期発見・早期治療を心がけましょう。

 

2.口臭を減らすにはこんな対策が大切

 

どの口臭の原因もしっかりと対処すると症状が和らぎます。適切な対処法を身につけてしっかりと口臭予防に勤めましょう。

 

・ブラッシングとデンタルフロスの活用

まず一番大切なのは汚れを落とすブラッシングとデンタルフロスの利用です。歯の汚れを落とす歯ブラシは実は自分で良いものを選ぶのが非常に難しく、歯医者さんや歯科衛生士さんと相談しながら決めると効率よく汚れを落とせる歯ブラシを選ぶことができます。歯ブラシの毛の硬さや毛が生えている面積、ヘッドの大きさなど注目ポイントが多いので、専門家に相談しながら相談しましょう。

 

デンタルフロスは歯と歯の間の汚れを落とす上で欠かすことができません。歯と歯の間の汚れが残っているとお口の中の細菌が再び増えやすくなってしまいます。しっかりとお口の中全体の汚れを落とすように汚れを落とすように心がけましょう。

 

・歯医者で治療を受けよう

ひどい口臭は実は歯医者で治療を行うと改善することができます。もちろん全身疾患に関しては病院で治療をする必要があるのですが、口臭がひどい場合には歯科でなければ解決できない問題が多いので、一度は歯医者に出向き相談をするように心がけてみましょう。

 

 

3.口臭情報まとめ!

 

口臭は時に厄介な問題を巻き起こすこともある非常に注意したい存在です。どの口臭も原因と対策をきちっとしておけばかなりの割合で解消ができます。口臭を改善するためにも定期的に歯科健診を受けたり、しっかりとブラッシングを続け、お口のトラブルを未然に防ぎましょう。

ブラッシング方法の種類について 

「歯磨きは3分!」と言われていますが、皆さん、真面目に磨いてらっしゃいますか?

 

真面目に、3分間磨いていたとしても、正しい磨き方でなければ、きちんとした効果が得られていない場合があります。

 

今さら聞けない、でも、知っておくと、とてもお得な、歯ブラシ活用術を身に着けて、歯ブラシエキスパートになっちゃいましょう!?

 

良い歯磨きは、まず、ブラッシングについて、正しく理解することから始まります。

 

 

①スクラッビング法(90℃) ~基本①~

 

歯ブラシを歯に対して垂直にあて、小さく往復運動させます。

 

イメージとしては、歯1~2本(5~10mm)の範囲で、30回くらい振動させます。

 

また、このブラッシングは歯の表面の汚れを取り除くにの適しているので、あまり力は入れずに、毛先が広がらない程度の荷重(150~200g)で磨きましょう。歯垢(プラーク)の除去を目的に、磨き残しが無いように、丁寧に磨いていくことが大切です。

 

 

②バス法(45℃) ~基本②~

 

歯ブラシを歯に対して45℃にあて、磨く方法です。

 

歯と歯肉の間を磨くことに優れており、歯茎や歯周ポケットの汚れを取り除くつもりで、磨いていきます。

 

歯肉の状態に合わせ、歯周病ぎみの際には、柔らかいブラシを使用します。

 

ちなみに、奥歯も、基本①と②の応用で磨くことができます。

 

 

③縦磨き 

 

歯ブラシを縦にして、上下に動かして磨きます。

 

この磨き方は、かみ合わせが悪くデコボコしている際に、隣り合った歯と歯の隙間に入った食べ物等を除去することに優れています。

 

 

④ブラシの毛の横の部分で磨く 

 

前歯の裏側は、歯ブラシを縦に差し込み、歯と歯ブラシの毛が平行になる様にして、毛の横の部分で磨いていきます。

 

 

⑤番外編:歯ブラシ以外の活用

 

歯間をきちんと磨くためには、状況に応じて、デンタルフロスや歯間ブラシ、そして舌ブラシなどを活用していきましょう。

 

歯磨きの目的は、細菌と歯垢(プラーク)を取り除くことです。

 

せっかく、良いブラッシング方法を身に着けても、歯ブラシの毛先が開いていると、適切な歯ブラシの62%の効果しかないことが分かっています。

 ((公財)ライオン歯科衛生研究所調べ、日本小児歯科学会 1985)

1か月に1本を目安として、適切な歯ブラシで、適切なブラッシングを行い、歯垢除去を目指してくださいね。

 

 

 

メールで相談する(無料)インターネットでのご予約はこちら
コンテンツメニュー
診療時間
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
10:00~19:00      

※定休日は、日曜日・祝日です。

開院 開院 閉院 閉院 



〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874


link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

診療案内