豆知識
トップ豆知識>虫歯・歯周病

豆知識

口臭の種類と原因

スプレー式の携帯マウスウォッシュや口臭用の歯磨き粉、男女問わず販売されている口臭関連の製品の多さは、口臭に対する意識の高さを示しています。

 

しかし、口臭に対して、爽やかな香りで上塗りするのは「臭いものには蓋」的な対処療法でしかありません。

 

口臭の原因を探り、口臭を発しない、口臭が気にならない状態に持っていくことが大切です。

 

虫歯や歯周病と違い、口臭の原因は比較的種類が多く、それによって対処法も違ってきます。

 

下記に、主な原因を記載しました。もし、口臭が気になるのであれば、自分は、どのタイプに当たるのか、きちんと認識して対処を行ってみて下さい。

 

 

①口が臭い場合 ・・・ 歯周病、虫歯、舌苔(ぜったい)

 

口が臭い場合は、ほとんどが歯周病又は虫歯を原因としています。

 

臭いの特徴としては、腐敗臭に近いということ。ですから、虫歯や歯周病の治療が、そのまま口臭の改善に繋がります。

 

また、健康状態を表すといわれる舌ですので、健康面での好・不調が如実に現れます。

 

疲れていたり、ストレスで唾液が減少していると、舌が荒れて口臭の原因となりますので、体調を整えることに専念しましょう。

 

口が臭い場合に、お薦めの食品はガムなどの「噛む」製品です。噛む回数を増やすことで唾液の分泌を促し、口内の不調を良い方向に導きます。

 

 

②息が臭い場合 ・・・ 内臓疾患系

 

内臓からくる口臭の場合は、胃・腸・腎臓・肝臓 等、どこの臓器を悪くしているかにより口臭の種類も変わってきます。

 

歯周病系と同様に腐敗臭の場合もあれば、腸・腎臓などでは、おならやアンモニア臭がしてくることさえあります。

 

これらについては、ピロリ菌といった比較的軽度の体調不良以外にも、内臓的不調が進行している場合もありますので、単なる口臭ととらえずに、人間ドック受診の際にも相談してみましょう。

 

息が臭いケースの改善に期待できる商品は、悪玉菌を減らす乳酸菌と食物繊維。ヨーグルトや、意外にも、一見口が臭くなりそうなキムチなどが優秀な食品です。

 

 

③生活習慣や体調による一時的な口臭

 

その他に、起床時や空腹時、風邪を引いた時に口臭が気になるケース、また、喫煙やアルコールによって、口臭が引き起こされるケースがあります。

 

体調不良になった際は、通常より、口腔内の殺菌がうまくいかなく、唾液の分泌も減る傾向があるため、うがいによる洗浄や、通常より大量の水分補給を心掛けましょう。

 

 

ブラッシング方法の種類について 

「歯磨きは3分!」と言われていますが、皆さん、真面目に磨いてらっしゃいますか?

 

真面目に、3分間磨いていたとしても、正しい磨き方でなければ、きちんとした効果が得られていない場合があります。

 

今さら聞けない、でも、知っておくと、とてもお得な、歯ブラシ活用術を身に着けて、歯ブラシエキスパートになっちゃいましょう!?

 

良い歯磨きは、まず、ブラッシングについて、正しく理解することから始まります。

 

 

①スクラッビング法(90℃) ~基本①~

 

歯ブラシを歯に対して垂直にあて、小さく往復運動させます。

 

イメージとしては、歯1~2本(5~10mm)の範囲で、30回くらい振動させます。

 

また、このブラッシングは歯の表面の汚れを取り除くにの適しているので、あまり力は入れずに、毛先が広がらない程度の荷重(150~200g)で磨きましょう。歯垢(プラーク)の除去を目的に、磨き残しが無いように、丁寧に磨いていくことが大切です。

 

 

②バス法(45℃) ~基本②~

 

歯ブラシを歯に対して45℃にあて、磨く方法です。

 

歯と歯肉の間を磨くことに優れており、歯茎や歯周ポケットの汚れを取り除くつもりで、磨いていきます。

 

歯肉の状態に合わせ、歯周病ぎみの際には、柔らかいブラシを使用します。

 

ちなみに、奥歯も、基本①と②の応用で磨くことができます。

 

 

③縦磨き 

 

歯ブラシを縦にして、上下に動かして磨きます。

 

この磨き方は、かみ合わせが悪くデコボコしている際に、隣り合った歯と歯の隙間に入った食べ物等を除去することに優れています。

 

 

④ブラシの毛の横の部分で磨く 

 

前歯の裏側は、歯ブラシを縦に差し込み、歯と歯ブラシの毛が平行になる様にして、毛の横の部分で磨いていきます。

 

 

⑤番外編:歯ブラシ以外の活用

 

歯間をきちんと磨くためには、状況に応じて、デンタルフロスや歯間ブラシ、そして舌ブラシなどを活用していきましょう。

 

歯磨きの目的は、細菌と歯垢(プラーク)を取り除くことです。

 

せっかく、良いブラッシング方法を身に着けても、歯ブラシの毛先が開いていると、適切な歯ブラシの62%の効果しかないことが分かっています。

 ((公財)ライオン歯科衛生研究所調べ、日本小児歯科学会 1985)

1か月に1本を目安として、適切な歯ブラシで、適切なブラッシングを行い、歯垢除去を目指してくださいね。

 

 

 

歯周病になるのはなんで!?

歯周病や歯周ポケットという単語、CM等で何となく知っていますし、患者さんの数も多いのですが、正確に、その意味や原因を知っていますか?

 

虫歯は「歯」が壊される病気ですが、歯周病は、歯を支える「歯茎(歯肉)」や「骨(歯槽骨:しそうこつ)」が炎症を起こし、最後には、歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。

 

そして、炎症が進み、歯と歯肉の境目に空間が生じることを「歯周ポケット」といいます。この段階では、歯がグラグラと動く感覚があり、早めの対処が必要です。

 

では、歯周病の原因はどんなことで、どう予防すれば良いのでしょうか?

 

 

①歯垢(プラーク)、歯石

 

口内には、300~500種類の細菌が住んでいます。

 

これらのうち、一部の菌が、食べ物を得ることによってネバネバした物質を作り出し、歯垢(プラーク)という悪玉菌の巣を作ります。これが、細菌性プラーク(バイオフィルム)という歯周病の主な原因です。

 

また、歯垢(プラーク)を放置すると、硬くなって歯石となります。歯石となってしまったものは、通常の歯磨きでは取り除くことができません。

 

 

②口内環境に関係する原因

 

歯並び・かみ合わせが悪いと、歯磨きが十分に行き届かず、プラークがたまる原因となります。

 

また、年月が経って、合わなくなってきた金歯・銀歯なども、同様に、歯磨きによる清掃を邪魔します。

 

その他に、歯を食いしばったり歯ぎしりの癖があると、歯茎に負担がかかって炎症が起こりやすくなったり、口呼吸が多すぎる場合、口内が乾燥して歯周病の原因となったりします。

 

 

③生活習慣や全身疾患に関係する原因

 

例えば、糖尿病になると抵抗力が低下するため、歯周病が悪化しやすい傾向があります。

 

また、少数ではありますが、遺伝的要因で歯周病になりやすい人も存在します。他にも、喫煙、ストレス、不規則な食習慣は、歯周病に悪影響を与えます。

 

 

実は、歯を失ってしまう可能性もある怖い病気、歯周病。

下記のような対策で、しっかり防いでいって下さいね。

・歯と歯、歯と歯茎の間まで行き届いた、入念な歯磨き

・歯科医院でのプラーク除去、歯石除去

・歯並びの矯正(年齢や状況により)

・ストレス、喫煙、食習慣等に気を付けた生活

 

 

虫歯になるのはなんで!?

「虫歯予防には、歯を磨きましょう。」

子供のころから言われ続けている言葉ですが、単純に、歯磨きをしている人が虫歯にならなくて、歯磨きをあまりしない人は虫歯になってしまう訳ではありませんよね?

 

これは、歯磨きの他にも、虫歯になる理由があるからです。

 

虫歯になるかならないか、4つのポイントで説明していきます。

 

 

①虫歯菌(ミュータンス菌 など)

 

  「虫歯」というと、バイキンがつるはしを持って、歯を削っている絵を思い出しませんか? このバイキンが、虫歯菌(主に、ミュータンス菌)です。

 

 虫歯菌は、歯磨きによって増殖を抑えることはできますが、歯の表面に歯垢(プラーク)という巣をつくり住み着いてしまうと、なかなか取り除くことはできません。歯磨きが習慣づいているかどうかによって、この虫歯菌の量が違います。

 

 

②口の中の状態(唾液の量、歯の質)

 

  風邪をひきやすい人と丈夫な人がいるように、元々、虫歯になりやすい人と、なりにくい人がいます。

 

  原因は、歯の強さ(歯質)や唾液の分泌量です。唾液が少ない人は、虫歯菌の巣であるプラークを洗い流す作用がうまく働かないため、虫歯になりやすいのです。

 

 

③食生活

 

  口の中に食べ物(特に、糖分)が入ってくると、虫歯菌はその食べ物を取り込んで、酸を出します。この酸が、歯のエナメル質を溶かす原因です。

 

  では、糖分を取らなければよいのかというと、そうではありません。糖分は、脳の栄養でもあり、成長や健康維持に必要な成分です。しかし、歯磨きもせずに、例えば、テレビを見ながらダラダラ食べ続けることは、口の中が酸性になる時間が長くなり、虫歯を引き起こしやすくなります。  

 

 

④歯磨きなどメンテナンス

 

  これは、言わずともわかると思います。

 

日頃の歯磨きに加え、歯科医院でのプラーク(=虫歯菌の巣)除去、菌の働きを抑え、歯質を高めるフッ素の使用なども効果的です。

 

このように、虫歯になる原因は一つではありません。

 

対策としては、例えば、以下のようなものが考えられます。

 

・歯磨きや歯科医院でのプラーク除去

・唾液の少ない人は、マッサージや舌の体操で唾液分泌を促進

・ダラダラ食べをしない等、口内が酸性になる時間を短縮 

・虫歯菌の活動を抑えるキシリトールやフッ素の使用

 

 せっかく、歯磨きをしているのに、虫歯になってしまったら悔しいですよね。

 虫歯の原因を正しく知って、いろいろな方向からの予防を心がけてみて下さい。

 

 

メールで相談する(無料)インターネットでのご予約はこちら
コンテンツメニュー
診療時間
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
10:00~19:00       

※定休日は、日曜日・祝日です。

開院 開院 閉院 閉院 



〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874


link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

診療案内