歯科の勉強の記録
トップ歯科の勉強の記録>インプラント

歯科の勉強の記録

CGF・AFGセミナー

あゆみ歯科クリニックの福原院長、勤務医の岡部先生が大阪で行われました、

CGF・AFGハンズオンセミナーに参加してきました。

近年、血液から生成される血液生成物を利用する再生療法が歯科界では注目を集めています。

CGF・AFGとは、患者様から採血した血液に抗凝固剤などを一たさずにできる完全自己血湯泰

の『フィブリンゲル』です。

このセミナーでは、CGF・AFGの基礎から、血液採取・CGF・AFG作成・CGFメンブレン作成等を実習の形で取得してきました。

 

13254140_1187848311260300_4010009555063133270_n 13226637_1187848291260302_8998122525719320748_n

 

院長: 福原 隆久

こんにちは、あゆみ歯科クリニックの院長、福原です。

今回のこのセミナーには、勤務医の岡部先生と、参加してきました。

CGF・AFGの実技だけでなく、歴史や複雑な開発経緯の話も聞かせて頂くことができ、

とても為になったセミナーでした。

フィブリンゲルというものが、サイナスリフト、ソケットリフトの領域でとても使い勝手がよく、

有用な手法であることが、わかりましたので、さっそく実践していきたいと思います。

 

 

IDIAインプラントボランティア活動inドミニカ共和国 2015.8.12~8.15

  昨年になりますが、2015年8月にドミニカで行われた歯科治療を通したボランティア活動に当院の院長が参加しました。

 

院長: 福原 隆久

こんにちは、あゆみ歯科クリニックの院長、福原です。

8月のお盆の夏季休暇を利用して、ドミニカ共和国に行ってきました。

 

なぜドミニカなのだろう、と思われた方もおられるかもしれません。

実はドミニカでは国民所得の差もあり、普通の所得の方ではなかなか歯科治療を含む医療を受けることができなかったりします。

そのため、多くの医師や歯科医師が海外からボランティア的にドミニカに行き、医療を提供しているのです。

もちろんボランティアとしていける日にちや人数には限りがありますから、

それでどれだけの人に対してお役に立てるのかというと、微々たるものかもしれません。

しかし少しでも何かになるならば、と思い、今回参加してみました。

 

11825157_1019246541453812_2827063966975822519_n

 

またそのボランティアの受け入れ先としてのドミニカの医療機関にはドミニカでの歯科の教授陣がこれも慈善活動の一環として参加されており、彼らと交流も持ちながら3日間を過ごせる、というのもまた自分自身の研鑽にもなり、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

11855903_1019246548120478_4831830851377616205_n

 

ボランティアとしてはアメリカから多くの歯科医師の方がこられていました。

日本から行く歯科医師の場合、あちらで受け持つ患者様はインプラント治療やサイナスリフトなど難易度の高い患者様であることが多かったです。

海外で治療を行うのは初めての経験でしたので、日本で行っていることでもいつもと違う新鮮な感覚がありました。

 

また、今回の経験と、今年の2月に参加したハワイのインプラントセミナーの経験をIDIA(国際インプラント協会)から評価され、

IDIA認定の専門医となることができました。

 

11181795_1019802271398239_807765470283293055_o

 

これから日本においても常に最先端の治療をご提供していきたいと思います。

 

 

 

IDIAインプラントセミナー 2016.2.11~2.13 院長:福原 隆久

当院の院長、福原がハワイで開催されたIDIA(国際歯科インプラント学会)に参加し、そのセミナーを受講し試験に合格する事で、既に獲得していた認定医の資格のもう一つ上の認定である、専門医の資格を取得しました。

 

院長: 福原 隆久

こんにちは、あゆみ歯科クリニックの福原です。ハワイにて開催された世界的にも有名なインプラント学会の一つである、国際歯科インプラント学会(IDIA)に参加し、IDIAインプラント専門医資格(マスター)を取得することができました。

 

International Dental Implant Association(IDIA)は優秀な大学院教育と臨床研究で成り立っており、インプラントのフェローシップ(認定医)、マスターシップ(専門医)、ディプロメイト(指導医)の資格を認定します。
これらの資格はインプラントの最高水準を表し、多岐にわたるトレーニングプログラムと試験を修了したと認められます。

 

今回の学会では、

1日目はIDIAの指導医である鳥羽修平先生によるピエゾサージェリーについてや、ラテラル(サイナスリフト)とクレスタル(ソケットリフト)への見地などの講演と、サイナスリフトの実習、リッジエクスパンションの実習をおこないました。

サイナスリフトやソケットリフトというのは、上顎の骨の高さが少ない方にインプラント治療を行う場合、骨を足す必要があるのですが、その骨を足す術式の名前です。

 

ソケットリフトというのは、インプラントを植える場所の中身だけに骨を足すもので、基準としては骨の高さが5mmある人に適用されます。

サイナスリフトでは上顎の骨の横から骨を足す手術で元々の骨の高さが4mm以下の場合に適用されます。

今回の実習セミナーではその両方を会得することが出来ました。

 

s-IMG_615221

 

2日目は浅野栄一朗先生のものすごいケースプレゼンテーションとIDIA主宰のDr.Arun K.Garg(アラン・ガーグ)よりサイナスリフト(ラテラルアプローチ)とPRPを用いたメンブレンテクニックなどについての講義、さらにDr.Ezio GhenoによるBone Ringを用いた垂直的な骨増生についての講義を受けてきました。

 

全てが本当に学びの多い充実した時間となりました。
Bone Ringという初めて見る材料や術式のレクチャーを受け、次の3日目に実際に使う実習を行ったのですが、世界にはまだまだ知らないことがあるんだなあ、と改めて思いました。

 

夜には祝賀会のようなものが開かれ、久しぶりに英語を使って楽しむ場となりました。

 

s-IMG_6215

 

s-IMG_6266

 

3日目はDr.Ezio GhenoによるBone Ringの講義と実習でした。

世界最新の技術を早速体験してきました。すぐに日本で行えるわけではないものですが、近い将来、日本にも導入されたらさっそく取り入れたと思いました。

 

s-IMG_6306

 

これからの医療法人あゆみ歯科クリニックは、世界基準での研鑽をおこない、さらなる治療のレベルアップをしていきます。
そして八幡市、枚方市、京田辺市などの近隣地域で受けることのできる治療レベルをあげる一助となれることが、自分が出来る地域貢献になるのではないかと思っています。

 

 

straumann GBR(骨再生誘導)セミナー 2016.2.21 院長:福原隆久

  s-IMG_6395

 

2月16日に大阪で行われたストローマン社のGBRセミナーに院長の福原が参加してきました。

 

院長: 福原 隆久

こんにちは、あゆみ歯科クリニックの院長、福原です。

今回は大阪で行われたGBR(Guided Bone Regeneration、骨再生誘導)のセミナーに参加してきました。

 

骨再生誘導、つまり、骨が少ないところに骨を作る技術です。

何故骨がないところに骨を作る必要があるかというと、

インプラント治療を行う場合に、例えば直径4,1mmのインプラントを入れるとすると、

基本的にはその周り全周に1,5mmの骨がないといけません。

つまり骨の分厚さ(頬舌的な骨幅)が最低でも5,6mm必要になります。

できればもっとあればそれに越したことはありません。

ただ、日本人の骨は元々欧米人に比べると細く、抜歯をした後しばらく経っている場合だと、

そこまでの骨幅がないケースも多くみられます。

そんな人でもインプラント治療を行うことが可能になるようにするのがこのGBR、骨再生誘導法になります。

 

s-IMG_6374

 

一口にGBRといっても種類や方法も様々なのですが、

今回のセミナーでは何種類かの手技を習うことが出来、非常に勉強になりました。

 

s-IMG_6376

 

昨年から今年にかけてドミニカセミナー、ハワイでのセミナー、今回のGBRセミナー、

そして5,6月に受けるマイクロスコープを使ったGBR、インプラントセミナー、と種々のGBR系のセミナーに参加します。

 

これら最新のノウハウや手技をあゆみ歯科に取り入れることで、八幡市、京田辺市、枚方市で

今まで「ここは骨が少ないからインプラント治療は難しい」とされていた方々や場所に対しても

インプラント治療が可能になり、美味しいお食事やそれを通したQOLの向上に貢献していきたいと思います。

 

 

ピエゾサージェリー実習セミナー 2015.11.1 院長:福原 隆久

 大阪で開かれたピエゾサージェリー(超音波を使って外科処置やGBR:骨嗄声誘導時の骨の切削や切り抜きなどを行う器具)の実習セミナーに当院の院長が参加しました。

 

院長: 福原 隆久

 

こんにちは、あゆみ歯科クリニックの福原です。

今回は最新の超音波器具を使った骨の手術のセミナーに参加してきました。

 

ピエゾ、という機械自体は強力な超音波器具と言えばわかりやすいでしょうか。

普段、超音波で歯石取りや歯のお掃除をすると思うのですが、それのとても強力にしたもの、と思って頂ければいいかと思います。

それを使ったサージェリー、つまり外科ですね。

s-IM007

強力な超音波器具を使った外科、の何がすごいかというと、

超音波器具なので、器具の先端自体は刃物になっていたり、ドリルになっていたりするのではなく、

普通に指でさわれるようなものになっているのです。

それを超音波振動させることで骨の形を整えたり、切り取ったりするのですが、

なんとその際に、周りの軟組織、つまり歯肉や骨の向こう側の粘膜などを損傷する可能性がとても低くなっているのです。

 

s-IMG_08

 

これによってとても安全にオペを行うことが可能になっています。

特に上顎の骨を足すサイナスリフトなどの場合、骨を削ったその向こう側のシュナイダーメンブレン(上顎洞粘膜)を傷つけないように細心の注意が必要なため、このピエゾが活きてきます。

 

今まで骨が少なくてインプラント治療が困難であったかたにでも安全に骨を足す手術が可能になってきているのかと思います。

 

これからも日々最新の機材、術式の研鑽を行い、取り入れていきたいと思います。

 

 

オステム社 サイナスリフトセミナー 

先日、あゆみ歯科クリニックにて、オステム社の製品を用いたサイナスリフトとソケットリフトの実習セミナーを行いまいた。

 

サイナスリフトやソケットリフトと言うのは、インプラント治療を行う際、上顎の骨が少ない方に対して、骨を増やす処置のことです。

 

それぞれ少し違いがあり、

ソケットリフトとは、骨の高さが5mm~8mm程しかない方に、顎の骨の中身から上顎洞粘膜を押し上げて、そこに新しい骨を作る処置です。

そしてサイナスリフトというは、さらに上顎の骨の高さがとても少ない方(5mm以下)に、顎の横の骨を削って、中身の上顎洞粘膜を押し上げてそこに新しい骨を作る処置です。

 

今回は模型実習でしたが、新しい術式をDr皆で学ぶことができました。

 

インプラント治療はしたいけれども、今までは骨が少なくてできないと言われていた、という方々にインプラント治療の良さを実感していただくことができるようになってきたと思います。

 

これからもあゆみ歯科クリニック一同、研鑽を重ねていきたいと思います。

 

ストローマンインプラント実習セミナー 院長:福原隆久 歯科医師:日野卓也、岡本光平、九岡麻江、松本勲

あゆみ歯科クリニックでstraumann社のインプラント機材を用いた実習セミナーを行いました。この実習セミナーは毎年1回、この時期にあゆみ歯科クリニックにて開催しており、定期的に医院の技術レベルの向上に役立てさせていただいています。

 

 IMG_2468

今回も昨年入社したDrがインプラント治療の基礎を学び、医院全体の説明レベルや技術レベルが向上したと思います。

 

straumann社のインプラントは、治療の手順がシステム化されており、しっかりと学べば非常に安全にインプラントオペを行うことが可能です。あゆみ歯科クリニックでは、皆様により安全に、安心してインプラント治療を受けていただけるよう、細心の注意を払いながら日々の管理や施術にあたっております。

 

IMG_2474

 

インプラント治療は近年どのメーカーも着実に進化しており、一本歯が無くなった場合の治療の選択肢として、非常に有効なものになってきています。

 

これからも地域の皆様によりよい治療をご提供できるよう、頑張っていきたいと思います。

Straumannソケットリフトセミナー 院長:福原隆久

  大阪で行われたstraumann社のソケットリフト次週セミナーに参加してきました。

 

s-IMG_1918

 

straumann(ストローマン)というのはインプラントのメーカーで、あゆみ歯科クリニックで使っているインプラントです。

現在世界シェア1位のメーカーで安心感があるため、あゆみ歯科では採用しています。

 

そんなストローマンを使ったソケットリフトの実習セミナー。

ソケットリフトというのは専門用語なのですが、何かというと、下の図のように、

上顎の骨が少ない場所に、部分的に骨を作ってインプラント治療を可能にする術式のことです。

 

illust03

 

インプラント治療は基本的には骨がしっかりとしている場所にしか行うことはできませんが、各種のインプラント骨を作る技術を使うと、インプラントができなかった場所にもインプラントができるようになったりします。

 

入れ歯は嫌だ、入れ歯を使ってみたけどやっぱり合わない、そういった方はおおくいらっしゃいます。

そんな方々のご要望にお応えできるようにこれからもインプラント技術、骨を作る技術、というのを磨いていきたいと思います。

 

s-IMG_1920

 

 

 

SJCDレギュラーコース第10回

 2014年から学んでいたSJCDレギュラーコースもいよいよ最終回の第10回となりました。

 

この1年間、患者様のお口の中全体を一つの単位として考え、

診査診断し、治療計画を立案して長期的に健康な状態を維持できるように治療を行っていく。

という考え方のもと、自分自身の治療技術、考え方そのもの、を非常に高いレベルに引き上げることができたのではないかと思います。

 

また、詰め物かぶせ物などの虫歯治療、それよりも虫歯が大きくなってしまった時の歯の神経の治療、インプラント、矯正、審美治療など、

各種の治療技術単体ごとも、まだまだ知らなかったことも多く、とても深い学びになりました。

 

本当にこのセミナーに出会えたことに感謝です。

 

最終回では受講生一人一人が自分が実際に行った治療の症例発表を行う、というものでした。

 

自分以外の人、そして受講生という同じ立場にいながら、それぞれの視点での考え方、努力、そういうものを見ることができ、非常に勉強になりましたし、励み、刺激になりました。

 

自分も負けていられないな、と改めて思いました。

 IMG_2573

またこの1年間を通して得た仲間達もとても大きな存在です。

また一緒に別のセミナーで学ぼう、という話も多く出ました。

 

自分もこれから、ただ学んで満足せず、それをしっかりと実際の日々の診療に活かしていきたいと思います。

 

IMG_2590

 

 

 

SJCDレギュラーコース 第9回

2015年になりまして、2014年から続いているSJCDレギュラーコースもいよいよ9回目となりました。次回の第10回が最終回となります。

 

1月に行われた第9回目では、前回のんプラントに続きブリッジについて学びました。

ブリッジも歯がなくなったときの治療方法の一つです。

 

歯がなくなった場合には、入れ歯、ブリッジ、インプラント、と3つの治し方があります。

前回も書いたように性能や咬み心地、見た目、便利さではやはりインプラントが一番すぐれてはいます。

しかしインプラント治療は保険が効かないため、どうしても高価なものになります。

そのためにこのブリッジを使われる方も多くおられます。

 

 IMG_2506

 

そんなブリッジの技術を向上させておくことは歯科医師としてとても大切なことです。

このブリッジ、普通の虫歯治療と同様に、歯科医師であれば当然誰でもできます。

 

しかしやはり虫歯治療と同じように、こだわればこだわるほど、学んでいれば学んでいるほど、長持ちをさせる術やきれいな完成品を作るために必要な処置、考え方、などの引き出しが多くなります。

 

今回もとても深く、欠損補綴(歯がなくなった場所の治療)、ブリッジについて学ぶことができました。

 

また八幡市、京田辺市、枚方市でこの技術を生かし、皆様に貢献していければ、と思います。

 

 

 

SJCDレギュラーコース第8回

SJCDレギュラーコースの第8回が11月15,16に開催されました。

 

今回はインプラント治療について学んできました。

 

インプラントというのは、歯がなくなった部分に人工の歯を入れる治療です。

選択肢としては他に入れ歯やブリッジがあります。

 

入れ歯やブリッジと比べると、保険がきかない、というデメリットはあるものの、

入れ歯のように取り外しが煩わしかったり、外れたり、痛かったりすることもなく、

ブリッジのように周りの歯を数る必要もありません。

 

インプラント治療であれば、日々の着脱も必要なく、また、周りの歯を削る必要もなく、咬みあわせ力も自分も歯のころに一番近い、というメリットがあります。

 

 s-IMG_2190

 

もちろんあゆみ歯科クリニックでも以前からインプラント治療に取り組んでいますが、そのインプラント治療の診断、考え方、長持ち度などについて、よりそれらを向上させることができるようになったいいセミナーでした。

 

また、何人かのご高名な先生方の講演をきくことができたので、各メーカーの違いや重視する点の違いによる手順や診断の考え方の違い、といったものも学ぶことができました。

 

あゆみ歯科クリニックではこれからも歯がなくなった方々に喜んでいただけるよう、インプラント治療にしっかりと取り組んでいきたいと思います。

 

 

SJCDレギュラーコース 第7回

2014年を通して学ぶ年間セミナーの第7回を10月に受講しました。

 

今回のテーマはかぶせ物を作るときの形や角度、適切な形成量、手順などについて、でした。

もちろん歯科医師であれば誰でも歯を削ることはできますし、詰め物やかぶせ物の治療を行う事は可能です。

 

ただ、その中で、さらに良く噛めるようにするにはどうすればいいか、1年でも1日でも長持ちさせるためにはどうすればいいか、少しでもきれいに完成させるにはどうすればいいか、など、突き詰めていくととても奥が深く、こだわるべきポイントが実は沢山あるのです。

 

今回はそれらを体系だてて学ぶことができ、非常に実りの大きな時間となりました。

 

s-IMG_1074

 

歯科医院では日々虫歯治療の後などのかたどりが行われているますが、それらの平均寿命自体を総じて引き延ばすためのノウハウ、手技を学ぶことができ、とても感動しました。

 

さっそくあゆみ歯科クリニックで実践し、皆様にきれいで良く噛めて、長持ちする歯をご提供していきたいと思います。

 

 

 

SJCDレギュラーコース第1回  院長:福原 隆久

2013年のSJCDベーシックコースに続き、2014年はその上のレギュラーコースに参加することにしました。

SJCDではこれ以外ににもマイクロスコープを使った歯の根の治療のセミナーなども開催されているので、今後積極的に学んでいきたいと思います。

 

5月に行われた第1回ではSJCDでとても大切にしている全顎的な診断、審査、

治療の流れ、という最初の大事な部分を学ぶことができました。

 

これから1年通して、

虫歯、歯周病、歯の根の治療、補綴(かぶせものなどの治療のことです)、

インプラント、歯並びの矯正治療、などについて深く学んでいきたいと思います。

 

また、それらを八幡市、京田辺市、枚方市の皆様に実際にご提供できるよう、

これからも研鑽を積んでいきたいと思います。

 

 

SJCDベーシックセミナー第6回  院長:福原 隆久

2013年から行っていたSJCDベーシックセミナーも第6回で最後となりました。

 

皆様の歯をしっかりと残すための歯周病治療、

よりきれいにするための審美治療、

かみ合わせを安定させ、歯自体を守る咬合治療、

それらを包括的にまんべんなく学べる

本当に素晴らしいセミナーでした。

 

講師の先生方からもとても親切に指導していただくことができ、

この半年ほどで大きく成長できたと思います。

 

sj6153

 

この経験を活かして、ご来院の皆様の歯を長持ちさせ、

ずっときれいに使っていただけるようにし、

おいしく食事をしてすごしていただけるよう、励んでいきたいと思います。

 

再来月からはさらに、SJCDレギュラーコースという、

もう一つ上のコースも受講し、さらなるレベルアップを目指したいと思います。

 

 sj62

 

 

 

SJCDベーシックコース第4回 2013.12.14~12.15 院長:福原隆久

院長 : 福原 隆久

sIMG_6838

SJCDベーシックセミナーの第4回目に行ってきました。

最近では、受講生同士でも交流を持つ機会も多くなり、

セミナー後の時間でも、お互いの歯科診療や治療内容などについて、

話し合う、有意義な時間が持てています。

 

今回の内容は、臼歯部(奥歯)の歯の形の削り方、形の整え方、と、

歯周病が進んだ方への歯周外科、骨整形という2本立ての内容でした。

 

しっかりとした咬み合わせ、あるい見た目を良くする審美治療、などを

考えたうえでも、しかkりとした形に歯を削ることは必要最低条件となります。

 

また、ご自身の歯を長持ちさせるために、歯周病治療、歯周外科というものも

とても大切です。

 

改めて、歯をきれいに治す、しっかり治す、長持ちさせる、

という歯科治療の基本哲学を刻み込んだ2日間でした。

 

これからも、地域の皆様のお口の健康を守り、増進するため、

日々精進していきたいと思います。

 

 

SJCDベーシックコース 第1回 2013.9.14~9.15 院長:福原 隆久

sIMG_6307

 

院長 : 福原 隆久

 

9月から始まったSJCDの歯科医師コースの第1回に参加してきました。

SJCDというのは、日本で最大規模の歯科医師の集まりで、

そこで開催されている、技術、知識向上のための勉強会です。

 

SJCDベーシックでは、

虫歯治療、歯の根の治療、歯周病治療、咬み合わせ、など

幅広く歯科の技術研鑽を積むことが出来ます。

 

第1回では主に全体的な治療計画の立案について学びました。

痛みなどのある歯1本だけなどを診るのではなく、

お口全体で1つと考え、まず問題点や悪いところを全体確認し、

それを元に、どういう手順で、どういう最終形にすれば良いかを考え、

しっかりと患者様に説明する、ということはとても大切だと思います。

これからも八幡、京田辺、枚方をはじめ、地域の方々に貢献できるよう、

しっかりと学んでいきたいと思います。

 

 

COLABO様 歯科技工所見学 2013.4.18 歯科衛生士主任:小松茉優 受付主任:大野成美

院長(歯科医師) : 福原 隆久

 

京都市のCOLABO様に見学に行かさせていただきました。

 

COLABOの堀様とは、いつもインプラントのセミナーなどでご一緒させていただいております。

 

今回、小松、大野と見学に伺ったのですが、二人とも熱心に補綴物(かぶせ物や詰め物)の出来あがる工程や、

セラミックの歯の作り方、インプラントの構造など、話に聞き入ったり、沢山の質問をしていました。

 

このような勉強熱心なスタッフと共に過ごせせることは院長としてとても幸せなことです。

 

これからも皆で励んでいきたいと思います。

 

 

歯科衛生士主任 : 小松 茉優

 

今回はあゆみ歯科の院長先生と大野さんと、

京都市で技工士さんをされている堀さんの技工所見学に行かせていただきました。

 

色んな人の支えがあって鳴りたつチーム医療。

 

互いを理解し合い、尊重し合い、そして協力していくことで、

患者様を全力でサポートできればと思いました。

 

ありがとうございました。

 

 

受付主任 : 大野 成美

 

本日は技工所見学に行ってきました。

 

かぶせものやつめものが出来るまでの工程を初めて間近に見ることができ、

それぞれの補綴物についての理解をより深めることが出来ました。

 

ご来院頂いた皆様に、より細かな説明をさせていただき、

よりご納得いただける物を選んで頂けるよう、ご案内させていただきますので、

よろしくお願いいたします。

 

 

Straumannインプラント・エステティックコース 第2回 2013.4.6~4.7 院長(歯科医師):福原 隆久

 IMG_4407 IMG_4405

院長(歯科医師):福原 隆久

 

今回は3月に行っていたストローマンインプラントを審美部位、

つまり前歯などの見た目がとても重要な場所、にきれいに確実に入れるテクニックや知識を身につけるセミナーの第2回目でした。

 

同じインプラントといても、奥歯と前歯では入れるに適したインプラントが違ったり、

入れた後、かぶせものをつけるときのパーツが全然違ったり、ととても奥が深いのです。

 

もちろん前歯と奥歯同じ部品や構成でもできなくはないのですが、

 

前歯ではより見た目が重要視され、奥歯では「噛む」という機能性が重要視される、

というように求められる性能や結果が違うため、

本来、しっかりと分けて考えるべきものなのではないかなあ、と思います。

 

世界3大メーカーであり、世界でのシェアでは現在、1位になっているストローマン社からも、

昨年、前歯により適した新しいインプラントが発表され、使用することができるようになりました。

 

そこで今回、さっそくその技術を身につけるべく、セミナーに参加しました。

 

前回は講義と模型実習だったのですが、

今回はさらに進んで、講義と、豚の下顎を使った実際に非常に近い状態での修練を行うことができました。

 

IMG_4404

 

歯科医療の世界は本当に日進月歩です。

 

5年もたてば新しい製品や考え方などで、良いとされる治療方針がどんどん変わっていきます。

 

ですので、いつになっても、しっかりとその時の最先端を学び続ける姿勢が必要なのだなあ、と改めて思った4日間でした。 

 

八幡市、京田辺市、枚方市などでインプラント治療にご興味あられる方ありましたら、お気軽にご質問、ご相談くさいね。

 

 

Straumannインプラント・エステティックコース 第1回 2013.3.2~3.3 院長(歯科医師):福原 隆久

院長(歯科医師):福原 隆久  

こんにちは。 あゆみ歯科HPをご覧いただき、誠にありがとうございます。  

 

 

先日、大阪で行われてインプラントの審美領域への応用のセミナーに行ってきました。  

 

審美領域への応用と言うとなんだかわかりにくいですが、 審美=見た目 審美領域=よく見えるところ と思っていただければ良いかと思います。  

 

つまり、インプラントの審美領域への応用のセミナーということは、

インプラント治療をパッとみて良く分かる部分、前歯に行うにあたって、

しっかりときれいに見えるように行うテクニックや知識のセミナー ということです。  

 

前歯では、歯の幅や長さのちょっとした違い、歯肉のラインのちょっとした違い、 が見た目に大きく影響してしまいます。  

 

奥歯であれば頬に隠れてしまうので、歯肉ラインはほとんど、あるいは全く見えず、しっかり噛めれば万全な成功!

となりますが、前歯ではそうはいきません。  

 

頑丈に立っていてしっかり噛めても、笑ったらネジの銀色が見えていたり、

歯肉のラインがインプラントのところだけ大きく下がっていては万全とは言えないのです。  

 

もちろん、元々の骨の残りの量や形、歯肉の厚いか薄いか、歯があった時の形、

などによっては 行う前からそこまでの完全が望めない場合も多々あります。

 

しかしそんな時も、事前にそうなることがわかっているしっかりとした知識があれば、

インプラント治療を考える最初から 「恐らくこうなります」「こういう治り方になります」 という説明を行い、

ご安心してインプラント治療に望んで頂くことができます。  

 

そして状態を見て問題がなければ、あとはいかにきれいに仕上げるか、 ということが大事になります。

 

  今回のセミナーでは、そんな

各患者様の状態ごとの治り方の予測 ・キレイに治すことができるのはどういう場合か、

そうでないのはどういう場合か ・実際のテクニックやノウハウ、術式

などを講義と実習を交えて2日間、みっちりと勉強、修行いたしました。

 

  骨の状態によっても異なりますが、入れ歯やブリッジと比べた場合、

やはりインプラント治療は性能面ではメリットがとても大きいと思います。  

 

CTを用いたしっかりとした診断、治療期間や治り方、注意点などを含めたしっかりとしたご説明、

適切な処置、入れたインプラントが長く残るためのメンテナンス、 などをしっかりと行うことで、

八幡市・京田辺市・枚方市などの地域の皆様のQOLの向上にご貢献できれば、と思います。

 

  ご興味などあられまいたら、お気軽にご質問下さいね。    

 

 

CEセミナー20周年記念セミナー 2013.1.13~1.14 院長(歯科医師):福原 隆久

院長(歯科医師):福原 隆久  

 

こんにちは、あゆみ歯科HPをご覧いただき、誠にありがとうございます。  

 

私は1.13~1.14の日程で名古屋で行われた CEセミナーというセミナーの20周年記念講演会に行ってまいりました。  

 

CEセミナーとは、名古屋の月星光博先生という、 歯周病や歯の根の治療、歯の外傷などの分野でとてもご高名な先生が、

さらにそれ以外の各種分野の日本の第一人者の先生を招いて年間セミナーを行っているものです。  

 

私はそのセミナーのベーシックコースとアドバンスコースに勤務医時代にお世話になっており、

その後の自分の診療、治療技術、方針に大きく役だたさせていただいております。  

 

虫歯になってもなるべく歯を削る量を少なくするMI(ミニマルインターベーション)、

そしてそもそも歯が悪くならないようにする予防、歯周病治療、 そのための歯並び治療である矯正治療、

もしも歯を失った場合に行うインプラント治療など、 数多くの技術や学術を学ぶことができました。  

 

今回はそんなCEセミナーが初開催から20周年を迎えた記念セミナーでした。  

 

20周年というだけあって、各分野からご高名な先生方の御講演があったのはもちろん、 受講者もとても多く、数百人単位でした。  

 

何年も前に自分がセミナーを受けた時の同窓生との再会もでき、

楽しみながら、最新の治療、考え方、歯を残す為の技術、診断、 そういったものに触れることができた2日間でした。  

 

ここで学んだことを、ここ八幡市、京田辺市、枚方市の地域でしっかりと活かしながら 地域の皆様のお口のご健康、

ずっときれいな笑顔でいていただき、 ずっと美味しく食事をしていただく、 ということにご貢献していければ、と思います。    

 

 

JDICAインプラントコーディネーターセミナー後半 歯科衛生士主任:小松茉優 2012.12.1~12.2

歯科衛生士主任:小松 茉優

 

この度、インプラントコーディネーターセミナーの後半に参加させていただきました。

 

向上心のある、歯科衛生士さんや、歯科助手さん、コーディネーターセミナーであるにも関わらず歯科医師の方もこられており、

とても勉強になる4日間でした。

 

この学びをしっかり生かし、コーディネーターにとして患者様と先生の架け橋として、

身近な存在としてしっかりサポートさせていただきたいと思います。

 

CT導入セミナー 院長:福原隆久 歯科医師:井上元博、日野卓哉 2012.10.29

院長:福原 隆久

 

この度、あゆみ歯科クリニックでは、歯科用CT装置を導入しました。

医療の技術進歩はとても速く、数年前までであれば

よくある歯医者さんのレントゲンの写真だけで、虫歯、根管治療(歯の根の治療)、歯周病、インプラント、親知らず、などの診断をしていました。

 

しかし近年では、もっと詳しく診断するための機器が開発されています。

それがCTです。

通常のレントゲン撮影では平面で画像を見るのに対して、CTでは、ご覧になったことがある方もかるかもしれませんが、

立体的に画像を見ることができます。

そして、通常のレントゲンでは見えなかった根の状態や、骨の堅さ、量、なども診断出来るようになっています。

 

これによって、大きな虫歯で神経を取ることになってしまった場合の根管治療での治療の成功率が上がったり、


今まで総合病院に取りに行っていただいていたCT画像を、そのまま院内で数分で取り、

インプラントができるかどうか、骨がしっかりしているかどうか、などの詳しい診断がその日にできたり、


今までは総合病院に行っていただいていた難しいパターンの親知らずや過剰歯(余分な歯)の抜歯なども、手がけることができるようになったり、


とご来院の方々へのメリットは計り知れないものだと思います。

また、この機械では、これまでのようなレントゲンもとることができ、通常はこちらのモードを使用するのですが、

その際の画像の鮮明さも従来機とは比べ物にならないくらいきれいに映るようになっています。

これによって単純な虫歯や歯周病に関しても、従来機で見るよりもより診断しやすく、見つけやすくなっています。

 

あゆみ歯科クリニックでは、松井山手、八幡、京田辺、長尾、枚方市、交野市など、多くの地域の方々のお口のご健康を支えていきたいと思っています。

これからも日進月歩の医療の世界において、常に先進性、最先端の医療の御提供、そういったことができるよう、励んでいきたいと思います。

 

 

歯科医師:井上 元博

 

今まで口腔外科に行っていただいていた親知らずの抜歯も、

CTを撮ることであゆみ歯科で抜歯する事が可能かどうか精密に診断することができ、

より鮮明になったパノラマ画像でそれ以外の処置に関しても、より正確な診断をすることが可能になりました。

 

インプラント治療に関しても、ご興味をお持ちいただければ、

その場ですぐにCT撮影を行い、インプラント治療の可否や詳しい診断を診ることができるようになったため、

利便性も高まったと思います。

 

 

歯科医師:日野 卓哉

 

先日当院では、新しく歯科用CTを導入しました。

 

従来のレントゲン撮影では2次元的な写真しか撮ることができませんでしたが、

CTでは3次元的な画像を撮影できるため、より精密な形態把握が可能になりました。

 

CTというと大きい機械を想像されるかもしれませんが、歯科用は従来のレントゲンと同サイズで、

撮影時間も数十秒程度ですので、親知らずの抜歯やインプラント治療を御希望の方は是非一声おかけ下さい。

JDICA インプラントコーディネーターセミナー 第1回 歯科衛生士主任:小松茉優 2012.10.27~10.28

歯科衛生士主任:小松 茉優

 

いつも、あゆみ歯科クリニックをご利用いただき、ありがとうございます。

 

先日は東京にてJDICAインプラントコーディネーターセミナーの前半を受講させていただきました。

 

歯を失ってしまった方が、また自分の歯のように噛めたなら、よりよい豊かな生活を送ることができるかもしれません。

 

インプラントは歯を失って悩まれている方を助けてくれる治療法の1つだと思います。

 

みなさまによりよい生活を送って頂くお手伝いが少しでもできるように、

よりわかりやすく理解して頂けるような、様々な治療法をもっと学び、

提供していくことに努めていきたいと思います。

ストローマン インプラント実習セミナー 2012.9.12 院長:福原隆久 歯科医師:井上元博、小松首人、日野卓哉

ストローマンインプラント実習セミナーの院長ブログ記事はコチラ

 

歯科医師:井上 元博

 

インプラントについて知っていた知識では足りなていなかったことを知ることができ、

さらに模型での練習もしっかりとでき、とても勉強になりました。

 

このセミナーで得ることができた経験を活かし、さらに勉強、練習を行っていき、

皆様にインプラントの良さをもっと知ってもらえるように頑張って行きたいと思います。

 

 

歯科医師:小松 首人

 

今回、インプラントのセミナーに参加させていただきました。

 

このセミナーでは、インプラントの基礎知識、また、straoumann社製のインプラントの特徴を学びました。

 

そして、実際にstraumann社製のインプラントを用い、ヒト下顎骨の模型にインプラントを埋入する実習を行いました。

 

あゆみ歯科では、このstraumann社製のインプラントを使用しています。

 

このセミナーにより、ご来院の患者様に正しいインプラントの知識を提供し、

より安全で安心して施術を受けて頂けると思います。

 

 

歯科医師:日野 卓哉

 

今回は、straumann社の御厚意で、インプラントの模型埋入実習を受講することが出来ました。

 

インプラントというと最近のメディアの扱い方のせいか、マイナスなイメージがつきまといがちですが、

インプラントが失ってしまった歯を最も元の状態に近く戻すことの出来る治療であることも事実です。

 

今回の模型実習を受講したことで、安全に治療するためにはどのような所に注意しなければならないかを

学ぶことが出来ました。

 

この実習で学んだことは、インプラント治療のほんの一部かと思いますが、

これからもっとたくさんの知識、高い技術を身につけ、

患者さんに安全で質の高い治療を提供出来れば幸いです。

ストローマン デンタルインプラントシステム インプラントアシスタントアドバンスセミナー 歯科衛生士 三澤 恵美 2012.4.15

 

こんにちは、あゆみ歯科クリニックの三澤です。

 

今回は第二の永久歯と呼ばれる『インプラント』のセミナーに行かせて頂きました。

 

内容はインプラントの在り方、オペ時のアシスタントワーク、

インプラントを行うための口腔内環境などについてでした。

 

インプラントというのは、ドクターの中でも賛成派があったり、反対派があったり、

話を聞けば聞くほど沢山の情報がでてくる本当に最新の技術だと思います。

 

今回セミナーに参加させていただいたことで、

インプラントは抜いた部分を補うだけが目的ではなく、

周りの歯を救うためのヒーローだという事も学べました。

 

アシスタントワークについても、ドクターが施術を行うだけではなく、

アシスタントがどれだけドクターがやりやすい様にアシストできるか、

声かけでどれだけの患者様の不安を取り除けるか、

という事がとても重要であるという事を学びました。

 

技術は日々向上させるためにあるものなので、今後自分の腕を磨き、

少しでも患者様の負担にならない様な処置ができる様にさせて頂こうと思います。

 

不安な点、わからない点などございましたら、なんでもお聞かせくださいませ。

 

みなさまの笑顔のためにもっと頑張ります。

 

ご一読、ありがとうございました。

 

ストローマン デンタルインプラントシステム インプラントアシスタントアドバンスセミナー 歯科衛生士 小松 茉優 2012.4.15

 

今回はインプラント治療での私たち歯科衛生士が活躍することのできる、

歯周病治療についてのお話からインプラントについてのすごく専門的なお話まで聞かせて頂ける、

すごく充実した内容でした。

 

私たちはただその時を良くするということが目的ではなく、

その患者様が一生、おいしくご飯を食べれるように、

笑顔あふれる毎日を過ごしていただけるように、

そのことを重視し長期的な目線で患者様とおつきあいできるよう

インプラントについての知識とメンテナンスの重要性、

それらをもっと学ぶ必要があると実感しました。

 

オペは先生が活躍される場ですがアシスタント側としても技術を磨き、

患者様が安心して任せて頂けるよう日々精進していきたいと思います。

 

メールで相談する(無料)インターネットでのご予約はこちら

スペシャルコンテンツ

診療案内

診療時間・アクセス

 
10:00~14:00       
16:00~20:00       

※定休日は日曜日・祝日です。


〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874

link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

モバイルサイト

携帯サイトはQRコードから
アクセスしてください。

QRコード

コンテンツメニュー
診療時間
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
10:00~14:00      
16:00~20:00       

※定休日は、日曜日・祝日です。

開院 開院 閉院 閉院 



〒614-8297
京都府八幡市欽明台西31-8

TEL/FAX 075-981-6874


link_g 診療時間・アクセス

八幡市・京田辺市・枚方市で一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、口腔外科のことなら、あゆみ歯科クリニックにご相談下さい。

診療案内