歯科の勉強の記録

SJCDベーシックコース第3回 2013.11.9~11.10 院長:福原隆久

院長 : 福原 隆久

 

日本最大の歯科グループ、SJCDのセミナー、第3回目に行ってきました。

 

今回のテーマは、前歯のかぶせもの治療の歯の削り方の講義と実習、

歯周病治療のより進んだ分野である歯周外科、

の2つの分野でした。

 

まず前歯のかぶせもの治療に関しては、

審美的なこと、つまり。見た目を重視する治療としてとても大切です。

やはり人は笑顔の雰囲気でとても印象が変わります。

 

そしてその笑顔には、目や鼻以上に、

口元の印象がとても大切なのです。

前歯の歯並び、歯の形、色、によって、同じ顔の人でも大きく印象が変わってきます。

 

歯医者さんの分野から、ご来院の方々の人生、生活に大きく貢献できる分野、

それが審美歯科であり、その中の重要なパートが、前歯の歯の削り方なのです。

 

また、歯周外科をしっかりと行うことで、

より進んだ歯周病治療を行うことができるようになり、

歯を残すことにつながったり、

歯肉のラインをきれいにすることで、これも審美歯科にもつながります。

 

より歯を残し、きれいに治すことができるよう、これからも励んでいきたいと思います。